2014.12.01 07:00|カテゴリ:Security

ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメントへのサイバー攻撃は、北朝鮮による「無慈悲な報復」!?


 先日、米Sony Pictures Entertainment(ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント)がサイバー攻撃を受けたようだと「Los Angeles Times」が報じましたがその後、驚くべき続報が入ってきました。
 
Hack at Sony Pictures shuts computer system - LA Times
Employees of the Culver City-based studio who tried to log on to their work computers Monday were greeted with an ominous warning. An image of a sneering red skeleton appeared on the screen under "Hacked By #GOP," reportedly short for "Guardians of Peace," and a list of threats.


 米国のテクノロジーサイト「re/code」によると、Sony Pictures Entertainmentはこのサイバー攻撃に北朝鮮が関与している可能性について調査を進めているというのです。
 
Sony Pictures Investigates North Korea Link In Hack Attack | Re/code
Sony Pictures Entertainment is exploring the possibility that hackers working on behalf of North Korea, perhaps operating out of China, may be behind a devastating attack that brought the studio’s network to a screeching halt earlier this week, sources familiar with the matter tell Re/code.


 同記事によると、今回のサイバー攻撃は米Sony Pictures Entertainmentの映画「The Interview」の公開直前に合わせて行われたとされています。

 同映画は、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺を描いたコメディ映画で、これを受け、北朝鮮では国営メディアが「無慈悲な報復」を警告するなどしていました。

 今のところ北朝鮮とのつながりは確認されていないということですが、果たして今回のサイバー攻撃は「無慈悲な報復」の一つなのでしょうか?
 
 だとしたら、ちょっと……。
 
 地味っすね。

The-Interview.jpg


The Interview Final Trailer - Meet Kim Jong-Un
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。