2014.09.21 12:00|カテゴリ:バッグ

出張時のサブバッグに「PORTER FORCE 855-07415」を購入 軽くて使い勝手よさそう!


 出張の際、私は現在、2種類のバッグを使い分けています。
 
 1泊程度であれば「MANHATTAN PASSAGE Mr.Lau ビジネストリッパープラス #3190」、2,3泊程度であればVICTORINOXのARCHITECTURE3.0「ローリングトレビ 4ホイール」です。

腰痛持ちな私が選んだ「軽い」出張用バッグ MANHATTAN PASSAGE Mr.Lau ビジネストリッパープラス|I believe in technology
1泊程度の出張に長年愛用していたLAGASHAのバッグがいよいよ傷んできたので、買い換えました。


ナイフだけじゃない バッグもイケてるVICTORINOX 「ローリングトレビ 4ホイール」レビュー|I believe in technology
先日、出張用に買ったVICTORINOXのキャリーバッグですが、ひと通り機能や収納力を確認してみました。やっぱり買ってよかった!


 ともにお気に入りで出張時にはどちらかのバッグを使っていますが、ホテルにチェックインしてしまえば、大きなバッグを持ち歩く必要はありません。そのため、必要なものだけを運ぶのに適したサブバッグを別に用意しています。
 
 このサブバッグは私の場合、できるだけ軽く、できれば出張用のバッグ内に収まるのが理想でした。また、仕事柄PCを入れることは必須で、それ以外にスマホやポケットWi-Fi、モバイルバッテリーなども入れる必要があります。その上、仕事で使うのでカジュアル過ぎないものである必要がありました。となるとなかなか選択肢が限られてくるのですが、数年前にANAの機内販売で売っていたPORTERのバッグに一目惚れし、以来、ずっと使い続けていました。
 
porter-force-02.jpg


 このPORTERのバッグはとても薄い素材で作られており、コンパクトに落ちたたむことができます。あらためて測ってみましたが重さはショルダーストラップ込みで268gしかありません。めちゃ軽! 
 
 そのため、いつも出張バッグに入れておき、必要な時に取り出して使っていました。バッグ内には12インチのUltrabookが収納でき、2つある大きめのフロントポケット、インナーに収納できるチャックの付いたポーチにバッテリーなどの小物を格納できるため、手放せないバッグでした。
 
 長く使ううちに、一部にほつれが出たり生地の一部が少し破けたりしたので、同じバッグを買おうと何度かPORTERを販売しているショップを覗いたりしていたのですが、同じようなバッグは見つからず、半ばあきらめて妻に頼み込んでは修理をしてもらいながら使い続けていました。
  
 しかし、先週、品川駅内にあるPORTERショップで似たバッグを発見。さっそく買いました!

 買ったのは「PORTER FORCE ショルダーバッグ 855-07415」です。ANAの機内販売で購入したバッグより少しマチが大きいのですが、素材感、軽さ等はほぼ同じです。

porter-force-01.jpg
 
 
 2つ並べると「PORTER FORCE ショルダーバッグ 855-07415」の方が少しだけ大きいことがわかります。

porter-force-03.jpg
 

 大きさの違いは収納力の違いと裏地のキルティングにあります。機内販売で購入したPORTERのバッグは厚さ1mm程度のとても薄いナイロン地のみで構成されているのに対し、「PORTER FORCE ショルダーバッグ 855-07415」は表地はほぼ同じでオレンジ色のキルティングが裏地として加わっています。

porter-force-04.jpg
 
 
 元のバッグは使い続けるうちに生地が破けてしまったのですが、このキルティングのおかげでその心配は軽減されそうです。その分、重さが452gと200gほど重くなっています。といっても、元のバッグが軽すぎるので十分許容範囲内です。

 内側にはインナーポケットが2つ、ペンホルダーが2つあり、反対側には取り外し可能なポーチが付いています。
 
porter-force-05.jpg

 
 このポーチもキルティングが使われており、ガジェットの収納によさそうです。
 
porter-force-06.jpg  

 
 また、フロントポケットはチャックになっています。機内販売で購入したバッグはマジックテープでチープな感じがしていたので、この点も個人的にはよかったです。
 
porter-force-07.jpg
 
 
 機内販売のバッグでは一体型になっていて取り外せなかったショルダーストラップも取り外し可能になっています。

porter-force-08.jpg
 
 
 その他にも、インナーにはキーホルダーが、サイドにはポケットと取っ手がついています。
 
porter-force-09.jpg

  
 個人的に「PORTER FORCE ショルダーバッグ 855-07415」は、機内販売で購入したバッグに不満を感じていた部分が強化されたかのように感じました。価格的には、18,360円とやや値が張ります。とはいえ、強化されたポイントを考えると納得の金額でした。
 

 
 それよりも、長年探していた同種のバッグが見つかったことの方がうれしくてつい即買してしまいました。ちょっとだけ大きくなりましたが、最近は持ち運ぶガジェットも増えたのでその点も問題なし。ちょっとだけ重くなりましたがそれもキルティングによる強化を考えれば納得です。
 
 新しいバッグを買うといつもそうなのですが、早く使いたくなりますね。
 
 次の出張はいつかな。

追記


 サイズ比較用にiPhone 5s、Galaxy Note 3と一緒に撮った写真と12インチのUltrabookを入れたところの写真を追記します。

porter-force-10.jpg

porter-force-11.jpg

関連記事


普段使いバッグを「Bianchi」のボディ&ショルダーバッグ LBTC-13に買い替え! いっぱい入って使い勝手もよさげでいい感じ|I believe in technology
最終的には東急ハンズで現物を比較し、3way ボディ&ショルダーバッグ LBTC-13に決めました。


「THULE Crossover Backpack」は期待以上によいバッグだった 使うのが楽しみ!|I believe in technology
先日、Amazonのタイムセールで購入したTHULE(スーリー)のバックパックが届きました。色はブラックとネイビーがあるのですが私が選んだのはブラックです。製品名は、THULE スーリー バックパック Crossover Backpack for 17"Macbook proです。


 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。