reynotch

reynotch

-
kindle-offer-01.jpg

 先日ご紹介した「「Kindle Paperwhiteの30日間全額返金キャンペーン」」で購入したKindle Paperwhite 2013年モデルが到着しました。

Kindle Paperwhiteの30日間全額返金キャンペーン! 2000円分の電子書籍クーポン付き! : I believe in technology
昨日、Amazonにログインしたら、「Kindle Paperwhiteの30日間全額返金キャンペーン」というバナーが表示されているのに気づきました。


 早速開封してみました。
 
 同梱品はこんな感じで、本体意外にはUSBケーブルとマニュアル2冊があるのみ。実にシンプルです。

kindle-paperwhite01.jpg


 裏はこんな感じ。重さは206gで持ってみるとその軽さがよくわかります。
 
kindle-paperwhite03.jpg


 スイッチとmicroUSBインタフェースは下部にあります。
 
kindle-paperwhite04.jpg


 電源を入れるとすぐにセットアップが始まります。
 
kindle-paperwhite02.jpg


 といっても大したことはなく、Wi-Fiの設定を行い、必要に応じてTwitterやFacebookと連携させるだけ。Amazonで購入した場合、アカウントの設定はすでに施されているので他には特になにもする必要がありません。
 
kindle-paperwhite05.jpg


 以前、Koboの電子書籍リーダー「kobo glo」購入時はWi-Fiの不具合で初期不良交換となりましたが、「Kindle Paperwhite 2013年モデル」では特にトラブルはなしでした。また、「kobo glo」ではキーボードの反応がやや遅れる感じだったのが、「Kindle Paperwhite 2013年モデル」ではほぼストレスなく入力できました。
 
 もちろん、「kobo glo」は今となっては一世代前の機種となるので比較するのはフェアではありませんが、ページめくりの反応もキビキビしており、E-INK端末に対する印象が大きく変わりました。こうなると、Koboの最新端末(といっても昨年12月に発売)「Kobo Aura」も試してみたくなりますね。
 
 少し気になったのは、購入した電子書籍のダウンロード速度です。「kobo glo」ではあまり気にならなかったのですが、「Kindle Paperwhite 2013年モデル」は同じアクセスポイントにつないでいるにも関わらず、かなり遅い……。
 
 同じ「ブラックジャックによろしく」の第1巻を同時にダウンロード開始したところ、20秒ほどで「Kobo glo」ではダウンロードが完了したのに対し、その時点で「Kindle Paperwhite 2013年モデル」ではまだ2%。あり得ないくらい遅い。結局ダウンロードが完了したのは開始から4分30秒後。

 自宅の回線は光回線なのでこの遅さはちょっと異常です。念のためダウンロード速度をMacで確認しましたが軽く100MB以上出ていました。
 
 試しに、iPhoneのKindleアプリで同じ書籍をダウンロードしたところ、1分10秒かかりました。また、同じくiPhoneのKoboアプリではなんと11秒という爆速っぷり。
 
 これはハードウェアの問題だけではなく、ストアの問題もありそうですね。私の場合はこれまでKoboを中心に使っていたのでまだKindleで買った本は少ないのですが、購入した書籍が増えると、このダウンロード速度の遅さがかなり気になるでしょうね。
 
 「Kobo glo」(114mm×157mm×10mm)と大きさを比較すると「Kindle Paperwhite 2013年モデル」(117mm×169mm×9.1mm)が一回り大きいですね。
 
kindle-paperwhite06.jpg
 
  
 厚みは「Kobo glo」の方が0.9mm厚いようです。(上が「kobo glo」、下が「Kindle Paperwhite 2013年モデル」)

kindle-paperwhite07.jpg

 
 メモリは「Kobo glo」が内蔵2GBなのに対し、「Kindle Paperwhite 2013年モデル」は4GB。一見、「Kindle Paperwhite 2013年モデル」の方がよく見えますが、そこにはもうひとつ落とし穴が。
 
 「Kindle Paperwhite 2013年モデル」には外部メモリスロットがありません。そのため、内蔵メモリがいっぱいになると、いずれかの書籍を削除しない限り内蔵メモリにはダウンロードはできなくなります。最大5Gバイトのオンラインストレージが用意されているとはいえ、最大32GBのmicroSDHCが利用できる「Kobo glo」に比べるとなんとも寂しい限りです。また、直接の競合モデルである「Kobo Aura」は内蔵メモリが「Kindle Paperwhite 2013年モデル」と同じ4GBあり、さらに最大32GBのmicroSDHCが使えるので、どうしても見劣りしますね。
 
 ショップの充実度ではKindleが一歩リードとはいえ、両ショップの差はあまり大きくはありません。それに、自炊した本を読む場合には、内蔵メモリしか使用できない「Kindle」より「kobo」の方が向いています。
 
 最初に手にとった時は、ひと世代前の「Kobo glo」よりも「Kindle Paperwhite 2013年モデル」の方がよいと感じましたが、実際に使ってみるとダウンロード速度やメモリの問題などから、必ずしも「Kindle Paperwhite 2013年モデル」の方がよいとは言えない印象です。使ったことがありませんが、「Kobo glo」よりも性能の良い「kobo Aura」と比較したら、「kobo Aura」が圧倒してしまうのではないかとすら思います。
 
 やはりこの手のガジェットは実際に使ってみないとわからない面がありますね。そういう意味では「30日間全額返金キャンペーン」は実にありがたいキャンペーンでした。それに、今回は2000円の電子書籍クーポンもついてきましたし。
 
 ショップのダウンロード速度がもう少し改善されたらまた印象も変わってくるのでしょうが、現時点では自炊した書籍や購入書籍が多いKoboからKindleに乗り換えるほどの魅力はなさそうです。
 
 まだ20日以上使えるので、最終的に返品するかどうかはもう少し使ってから決めますが、現時点では使い続ける可能性は低いかな。

 しかし、このキャンペーンはまだ使ったことがない方、他の電子書籍リーダーと比較してみたい方にはとてもいいキャンペーンだと思います。ログイン後キャンペーンが表示されている方は、7月21日(月)23:59まで購入すればキャンペーンの対象となります。気になる人は試してみてはいかがでしょう?

関連記事


【結構お得】年会費3900円のAmazonプライムに入り、Kindleのニューモデルを実質3,980円で買おうかどうか迷ってます|I believe in technology
Amazonプライム本会員登録をしてKindleニューモデルもしくはFire HD7を購入した場合、3,000円分のAmazonギフト券がもらえます。となるとKindleニューモデルが実質3,980円、Fire HD7が実質13,280円で買えることになります。


Kindle Fire HDX 7がさらに2000円引きでトータル7000円オフの驚愕価格! 買っちゃうな、こりゃ : I believe in technology
Kindle Fire HDX 7シリーズが、先日5,000円引きで「安っ」って思ってたら、今日はさらに2,000円引きされており、なんとトータル7,000円引きです。