reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)が3月7日に発表したHuawei製のWi-Fi機能付きUSBモデムカード「Huawei E355」に危険な脆弱性が存在することを発表しました。このニュースはYahooニュースでも報じられたので見たことがある方も少なくないでしょう。
 
「Huawei E355」に認証せずに情報の閲覧や設定を変更される脆弱性(JVN) (ScanNetSecurity) - Yahoo!ニュース
Huaweiが提供するWi-Fi機能付きUSBモデムカード「Huawei E355」に認証なしで情報の閲覧や設定の変更が可能な脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。




 脆弱性は、「認証なしで情報の閲覧や設定の変更が可能」という結構深刻なものです。
 

JVNVU93584370.jpg
(出典:JVNVU#93584370: Huawei E355 に認証回避の脆弱性
 

 しかも、すでに攻撃コードは出回っています。
 
 とはいえ。
 
 「使ってないから関係ない」という方が多いことでしょう。確かに、使っていない方には関係のない話です。
 

 ただ、この機種、実は一部で人気なんです。

 たとえば、Amazonを見るとこの手の製品にしては珍しく、26件ものカスタマーレビューがついています。



 こちらのショップのエントリを見るとわかりますが、人気には理由があります。

Kaimonotai Blog » Blog Archive » MacBookユーザーにも便利なHuawei E355
海外でのPCからのデータ通信はスマートフォンのテザリング機能やWi-Fiルーターを使うことが一般的でしょう。ですがSIMロックフリーのスマートフォンを持っていない場合や、Wi-Fiルーターの電池が切れたときなどは困ってしまうもの。そんなときに便利なデバイスが、買物隊で取り扱っているHuawei E355です。




 実はこの機種、単なるUSB型のモデムカードではないんです。

 なんと、Wi-Fiルーターとして利用できます。しかも、WindowsでもMacでもドライバ不要で使えます。それに加えて、SIMフリー。
 
 ということで、海外で現地SIMを買ってPCやMacだけでなく、スマホからも利用するといった用途でよく使われているようです。そんなのモバイルWi-Fiルータ買えばいいじゃんと思われるかもしれませんが、ルータはバッテリーの問題があるのでPCやMacを常に持ち運ぶ人には実はこっちが便利。しかも、SIMフリーで汎用的なSIMが刺さるというメリットは大きいです。
 
 結構人気の機種なのでその分この脆弱性の影響は少なくないでしょう。
 
 この脆弱性に関してはまだ解決策はありません。そのため、当面は使わない方がよいでしょう。

 もし、皆さんの周りに使ってる方がいらっしゃったら、脆弱性の件、教えてあげてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。