--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2014.01.04 18:28|カテゴリ:Security

「調査不足かつモラルにかけた情報」を垂れ流すブロガーに対抗するには自分で調べ高いモラルを保つしかない


 正直、炎上商法にマジレスするのは好みではないのですがあまりにヒドイので、かっこ悪いことは覚悟の上でマジレスします。なお、炎上商法へのささやかな抵抗として私が見た時点での魚拓をベースに言及します。
(2014/1/6追記:なぜか魚拓が削除されてしまいました。オリジナルは「友だちを探す」アプリに関する追記がされており、本エントリ公開時点とは内容が異なってしまいました。)
 
(cache) カップル向け裏技:「iPhoneを探す」でパートナーの「現在地」を監視しよう : イケハヤ書店
うちは純粋に「何かあったときのために」利用していますが、これ、使い方によっては相手の場所をリアルタイムに監視できるんですよね。ぼくがこういう記事を書くことで、めんどくさい事態に陥るカップルもいるのかもしれません。ごめんなさい。でも、カップルのあり方によっては、普通に便利だと思うのですよ。万が一の事態もありますし。


 このエントリによると、イケダハヤト氏は、ご自身の奥様と連絡が取れなくなった時に、『iPhoneを探す』を使って、居所をチェックしているそうです。
 

姉夫婦と話していて驚かれたのですが、ぼくは妻と連絡が取れなくなったときに、Apple公式アプリ「iPhoneを探す」を使って、彼女の場所をチェックしています。
(cache) カップル向け裏技:「iPhoneを探す」でパートナーの「現在地」を監視しよう : イケハヤ書店



 よその夫婦が何をどうしようがどうぞご勝手にというところですが、この後の展開がどうにもキモい。
 

本来これは「自分のiPhoneを紛失したとき」に使うアプリですが、パートナーの「Apple ID」とパスワードがわかれば、相手の居場所をリアルタイムに知ることができます。
(cache) カップル向け裏技:「iPhoneを探す」でパートナーの「現在地」を監視しよう : イケハヤ書店

 
 
 本来の機能は理解した上で、敢えてパートナーの監視目的で使うことを示唆しています。この部分、魚拓で確認いただけばわかりますが、実はボールドで強調されています。エントリタイトルが「カップル向け裏技:「iPhoneを探す」でパートナーの「現在地」を監視しよう」ですからね。示唆というよりは推奨しているとしか思えません。

 
 そもそも、親しい間柄であってもパスワードの共有はすべきではありません。身近な人がストーカーと化すなんていうことはよくある話です。今はお互いに好意を持っているカップルや夫婦でも、別れたり離婚したりした後にトラブルに繋がることはよくあることです。

  
 さらに……。
 
 他にもボールドで強調している箇所を追ってくとよりキモさが増していきます。


ちなみに、相手の居場所を確認していることは、相手には通知されません。
(cache) カップル向け裏技:「iPhoneを探す」でパートナーの「現在地」を監視しよう : イケハヤ書店




これ、使い方によっては相手の場所をリアルタイムに監視できるんですよね。
(cache) カップル向け裏技:「iPhoneを探す」でパートナーの「現在地」を監視しよう : イケハヤ書店




「iPhoneを探す」を使うと遠隔で相手のiPhoneを消去することもできます。
(cache) カップル向け裏技:「iPhoneを探す」でパートナーの「現在地」を監視しよう : イケハヤ書店




気になる女子にMacBook Airをプレゼントして、相手の居場所をこっそり監視する…
(cache) カップル向け裏技:「iPhoneを探す」でパートナーの「現在地」を監視しよう : イケハヤ書店



 なんでしょう、このキモさは。
 
 「相手の了承を得てパスワードを共有し、『iPhoneを探す』で相手の現在地を確認する」というギリギリ最低限度許される(個人的にはそれでもアウトですが)使い方を示唆するのではなく、明らかに「相手に知られずに相手の現在地を知る」方向に話が進んでいます。エントリタイトルとも相まって、怖さを伝え啓蒙するための文章ではなく、こんな風に悪用できるよと推奨しているようにしか見えません。
 
 過去に相手のプライバシーを侵害することを目的としたアプリが何度か出現しましたが、こういうアプリをパートナーに仕込む連中と発想はなんらかわりがないのです。 

鬼畜アプリ再び 「カレログ」風アプリ「mSpy」 AndroidもiPhoneも個人情報ぶっこ抜き : I believe in technology



 
 そもそも、相手のプライバシーを尊重した上で相手の位置情報を知るためにAppleは「友だちを探す」というアプリを提供しています。
 

友達を探す 3.0(無料)

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ
現在の価格: 無料(サイズ: 7.1 MB)
販売元: Apple - iTunes K.K.
リリース日: 2011/10/13

Download iPhone/iPadの両方に対応

ss1 ss2
 
 
 「友だちを探す」では、相手に招待状を送り、相手が同意した場合にのみ、位置情報を知ることができます。また、位置情報をいつ、どれだけの期間公開するかを選ぶことが可能になっているなど、プライバシーに対する配慮がなされています。


友達の追加は簡単です。まず、連絡先から友達を選択するか、友達のメールアドレスを入力して、招待状を送信します。友達が自分のデバイスの「友達を探す」Appを使って招待状に承諾すると、友達の位置情報がフォローできるようになります。同様の手順で、友達もあなたの位置情報のフォローをリクエストできます。
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 友達を探す



 本来ならば「iPhoneを探す」アプリをイレギュラーな使い方で推奨するのではなく、「友達を探す」アプリを推奨すべきなのですが、いかんせんイケダ氏は「友達を探す」アプリを知らないのでしょう。
 
 これまでもそうなのですが、イケダ氏はあまり詳しくないのにも関わらず、また、深くその機能を調査することもせずに、各種サービス等を推奨する傾向にあります。「iPhoneを探す」のことを調べれば、すぐに「友達を探す」の存在にも気づくはずですからね。
 
 しかも、そのイケダ氏を崇め立てる人も少なからずいるため、このような害悪にしかならない情報が拡散されることになり、最悪の場合、誤解に基づいた使い方をしてしまう人が出てしまいます。
   
 これに関しては、かなり古い記事なんですが以前も言及しています。
  
コネクトフリー社の新サービス『t.free』とそれにまつわる諸々の情報に思うこと : I believe in technology
有名メディアやブログ、著名人がオススメしているからといって、それは本当にすごいのでしょうか?はたまた安全なのでしょうか?



 なにぶんイケダ氏はプロブロガーでアルファブロガーでらっしゃるので、PVは大事なのでしょう。そのためには多少炎上するような内容が望ましいのかもしれません。しかし、前述の通り、その内容は十分に調査されていない中途半端な情報に基づいた内容で、かつ、モラルにかけたあまりまっとうではない使用方法しか提示していないので、害悪でしかありません。

 
 「不正確」で、「正しくない」、「間違った」、「モラルにかけた」情報を「誰か」が流すと、その「誰か」の影響力によってはとても広い範囲にこの情報が拡散されてしまいます。

 残念ながらこれは防ぎようがありません。 

 
 そのため、アルファブロガーや著名人が何を言ったとしても、最終的には自分で調べる癖をつけるべきです。 
 
 
 また、言うまでもないことですが、自分自身が一定のモラルを身につけておくことも重要です。たとえ、悪質な使い道があり、それを示唆する人がいても、そのような使い方をすべきかどうか、ご自身のモラルと照らし合わせてからにしましょう。親や子ども、愛する人に知られても恥ずかしくないモラルを人として保つべきです。

 
 アルファブロガーだから、著名人だから、言っていることがすべて正しいとは限りません。
 
  
 
 それにしても。
 
 
 件のエントリ冒頭に「姉夫婦と話していて驚かれた」とイケダ氏が述べていましたが、これって実は「iPhoneの機能を駆使していることに驚かれたのではなくて、お互いに監視していることに驚いたのでは?」という気がするのですが、それは私だけでしょうか。

 ちょっとした会話の中でもその人の本質が見えることがあります。モラルはしっかりと身につけたいものです。



 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。