reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

※この記事は以前デジタルマガジンに寄稿したものです。

 2011年3月11日、東日本大震災。その翌日に九州新幹線は全線開業のイベントを行なう予定でしたが、未曽有の事態に急遽、イベントは中止となりました。それとともに、一つのCMがお蔵入りしました。

 九州縦断ウェーブ。

 3月9日から3日間だけ放映されましたが、震災後、自粛することとなった幻のCMです。YouTubeで話題になったので、見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 うれしいことに、この幻のCMが世界最大級の規模を誇る広告賞である『カンヌ国際広告賞(International Advertising Festival)』のアウトドア部門で金賞、メディア部門で銀賞を受賞しました。

 CMが撮影されたのは、2011年2月20日。

 九州では、その日に向けて事前に以下のような告知用のCMがほぼ毎日のように流れていました。

 YouTube -- 「特別な新幹線」篇 15秒



 迎えた2011年2月20日10時55分。

 7色に彩られた九州新幹線は、九州最南端の新幹線の駅である鹿児島中央駅を出発。走行中は、ゴールの博多駅までずっとカメラを回し、沿道の人々を写していました。

 そして、作られたCMがこちら。




 駅のホーム、ビルや家の屋上や窓、学校のグラウンド、田んぼや畑の中、川やプールの上、歩道橋の上などいろいろな場所で……。

 ゴレンジャー(?)やウェディング姿、制服や普段着などそれぞれ思い思いの格好で……。

 集まった人は、15,000人とも20,000人とも言われています。

 マイア・ヒラサワの曲『Boom!』にのって、たくさんの人達の笑顔が、喜びが、伝わってきます。そんな楽しいCMなのに、なぜか泣きそうになってしまうのは、私だけでしょうか?

 このCMでは“九州はひとつ”が合言葉でした。CMを見ている間は、ひとつになれたような気がしました。

 震災の爪あとは大きく、原発はまだまだ余談を許さない状況です。

 それでも、我々は前を向いて生きていかなければなりません。

 いつの日か、完全に復興した東北をはさんで、九州から北海道まで日本がひとつになれたら。このCMを見て、あらためてそう思いました。

 この素敵なCMをぜひ、皆さんにも見て欲しい。そう思います。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。