--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2013.12.04 20:12|カテゴリ:Security

mixi、ブラックリストから外してくれるEMAから脱退し、自らフィルタリング対象へ


 やまもといちろうさんのブログ「やまもといちろうBLOG」にて、mixiEMAを脱退というニュースを知りました。

mixi、EMAから怒りの脱退: やまもといちろうBLOG(ブログ)
昨今、混迷極まるモバイルシーンで元祖追い出し部屋を構築してリストラを加速し、某社の株式上場の障害のひとつとなっていた高収益出会い系事業をゲットするなど、なりふり構わぬ素晴らしいスピード感で経営再建を推し進めて、ついには『モンスターストライク』でゲーム事業に一発当てをし株価急騰のmixiでありますが、このたびEMAから脱退したと発表しました。


 この記事の中に出てくるEMAという団体っていったい何?と思った方も多いでしょう。
 
 EMAというのは、一般社団法人 モバイルコンテンツ審査・運用監視機構のことです。
 
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構のホームページ
一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(略称「EMA」)は、モバイルコンテンツの健全な発展と、青少年の発達段階に応じた主体性を確保しつつ違法・有害情報から保護することを目的として2008年4月に発足した第三者機関です。


 といっても、私も何となくしか知らなかったので、少し詳しく調べてみました。
 
 以下は同団体のホームページに記載されている主な活動内容です。
 

【EMAの主な活動】
青少年の利用に配慮したモバイルサイトの審査、認定及び運用監視業務
青少年保護と健全育成を目的としたフィルタリングの改善
ICT(情報通信技術)リテラシーの啓発・教育活動
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構のホームページ



 「モバイルサイトの審査」、「フィルタリングの改善」とあるので、通信キャリアが提供している携帯向けフィルタリング機能を改善するのが主な活動のようです。
 
 同サイトをさらに見てみると、以下のようなコミュニティサイトの一覧がありました。
 

認定サイト一覧 (全22件) 2013年11月29日現在
コミュニティサイト運用管理体制認定基準に適合している認定サイトの一覧(認定順)です。

GREE
魔法のiらんど
大集合NEO
Mobage
ハンゲーム
ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』
ヤプログ!
ニコニコ動画モバイル
mobion
Ameba
エレメンタルナイツオンライン
SCHOOL OF LOCK!
ラルーン
cal-fee カルフィ
entag!
ダイエットクラブ
E★エブリスタ
ピクトリンク
GAL's POP
プリキャン革命!プリ画像
I-SKY(アイスカイ)
dゲーム
コミュニティサイト運用管理体制認定制度 認定サイト情報



 おお、さすが問題のありそうなサイトばかり羅列されてるななどと一瞬感心したのですが、なんとこのリスト、「コミュニティサイト運用管理体制認定基準に適合している認定サイトの一覧」だそうです。

 え?
 
 フィルタリングすべきサイトのリストだと勘違いしてしまいました(^_^;)
 
 ブラックリストだとばかり思っていたら、実はホワイトリストだったという……。
 
 気を取り直して、サイトの説明をもう少し詳しく見てみると以下の様な記述がありました。
 

フィルタリングサービスは、犯罪を助長するサイト、人の尊厳を害するサイト、自殺を誘引するサイト等、閲覧制限をすることが妥当なサイトへのアクセス制限に資する一方、これにより、特定のカテゴリに属するサービスを提供するサイトは、有害でなくても一律に制限されるという状況も存在しております。閲覧制限の対象となるサイトの中には、青少年の自己表現ツール、親子間や友人間のコミュニケーションツール、公的な機関や一般企業からの情報提供を目的としているサイトもあります。このようなサイトが、特定のカテゴリに属するというだけで、一律に有害サイトとして扱われるのは大きな問題と考えております。
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構 設立趣意

 


サイトの利用方法の実情に鑑みることなく、形式的なカテゴリ分類により、一律にフィルタリングの対象とされてしまうことは、発信者の表現伝達の自由や受信者の知る自由、コミュニケーションの権利に対する過度な制約となるとともに、却って、フィルタリングサービスの普及促進の妨げとなっているため早急に改善策が講じられる必要があると考えております。
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構 設立趣意

 
 
 言ってることは理解できます。フィルタリングサービスというのは、カテゴリ分けされていて、特定のカテゴリ(例えば「出会い系」といったカテゴリ)に振り分けられたサイトは、基本的に青少年のアクセス制限対象となります。

 通信キャリアはブラックリストタイプのフィルタリングサービスを提供していますが、本当は健全なサイトなのにとばっちりを食うことは十分考えられます。
 
 そのため、何らかの問題でブラックリストに載ったサイトであっても、別途EMAが審査し、問題がなければ認定サイトとし、フィルタリングに引っかからないようにできるそうです。
 
 なるほどですね。

 しかし、先ほどのリストを見てしまうと、「これ、本当に認定しちゃっていいの?」と気がかりで仕方ありません。

 なんで、通信キャリアの設定ではアクセス制限されるようになっている「グ◯ー」や「モ◯ゲー」がアクセス制限対象外となる認定サイトになるのでしょう?
 

 さらに調べると、EMAには活動に賛同した個人・法人を正会員とする仕組みがあるそうです。そして、その一覧がこちら。


正会員 33社(50音順)

株式会社アスキー・メディアワークス
イー・ガーディアン株式会社
株式会社インテグラル
インフォコム株式会社
株式会社エイチーム
株式会社エイベック研究所
NHN PlayArt株式会社
株式会社エムティーアイ
株式会社オープンドア
株式会社オプト
株式会社ガイアックス
KLab株式会社
グリー株式会社
グロヴァレックス株式会社
株式会社サイバーエージェント
株式会社サイバード
株式会社GNT
GMOメディア株式会社
株式会社スマートバリュー
株式会社小さな彗星
株式会社ディー・エヌ・エー
株式会社TOKAIコミュニケーションズ
株式会社ドワンゴ
株式会社ビジュアルワークス
ピットクルー株式会社
株式会社フェイス・ワンダワークス
フリュー株式会社
株式会社ベネッセコーポレーション
株式会社ボルテージ
株式会社ミクシィ
株式会社メディア開発綜研
株式会社ヤマダ電機
株式会社ユアネット
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構 会員一覧



 
 おやおや。先ほどの「コミュニティサイト運用管理体制認定基準に適合している認定サイト」となにやら関係が深そうな会社ばかりですね。
 
 ちょっとExcelで加工してみました。網掛けしている会社がEMAの正会員です。
 
ema1.png

 
 なんと、認定サイト22件中、16件は正会員の会社が提供しているサイトです。いやー、偶然ってすごいですねぇ。
 
 この正会員、お金払えばなれるみたいです。

ema2.png


 もちろん、EMA的には基準に基づいて審査しているのでしょうが、その審査基準は誰が決めるのでしょうね。

 過去にはこんな指摘を警察庁から受けていたようです。
 
ぼうはん日本_警察庁、都道府県警察関連情報
携帯サイト業界などで作る「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)」が「健全」と認定した交流サイトで、子どもが犯罪に巻き込まれるケースが相次いでいることから、警察庁は今月から、EMAに対し各サイトの被害実態などの情報提供を行っていくことを決めた。7日、EMAと覚書を交わした。同庁幹部は「被害実態を真剣に受け止め、今後は審査を強化してほしい」としている。


 
 もう、元記事はなくなっていますが、このことはNHKニュースでも報じられたようです。



★被害の6割 「健全」サイトで

携帯電話のゲームサイトなどを通じて子どもが巻き込まれた性犯罪などの60%近くが、
 第三者機関から「健全」と認定されたサイトを通じて起きていたことが分かりました。
 警察庁は、サイトの監視を強化するよう第三者機関に求めるとともに、利用者に注意を
 呼びかけています。

 「ゲームサイト」や「自己紹介サイト」といった出会い系以外のサイトを通じて子どもが
 巻き込まれた性犯罪などで、警察がことし上半期に摘発したのは726件に上っています。
 警察庁が分析したところ、これらの事件のおよそ59%が、サイトの健全性を審査する
 第三者機関の「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構」から「健全」と認定されたサイトを
 通じて起きていました。手口としては、サイト内だけでやり取りできる専用のメールに、
 犯人側が個人のメールアドレスを書き込み、その後、相手の少女などとサイトの外で
 連絡を取り合って誘い出すケースが70%余りを占めています。
 警察庁は、ことし2月から、被害が起きたサイトの具体的な情報を機構に提供する取り組みを
 始めましたが、「健全」とされたサイトを通じて起きた事件の割合は、去年の下半期より
 増えています。警察庁は、機構側にサイトの監視を強化するよう求めるとともに、
 利用する子どもや保護者に注意を呼びかけています。
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111110/k10013857661000.html
 


 被害の6割がEMA認定の「健全」サイトwww
 
 このニュースから2年が経っていますが、少しは改善したのかな? 


 「mixi」がEMAを脱退ということで、今後はフィルタリングの対象となるそうです。ま、ある意味健全なのかな。
 
 皆さんはいかが思われますか?

関連記事


子どもを守ろう!『安全に』インターネットを利用させるための4つのWebフィルタリング手法 : I believe in technology
この記事に書いたように、子どものインターネット利用に何らかの制限を加えるためには、「ネットワークをおさえる」ことがポイントです。ただし、上記記事でご紹介した、Proxyサーバの設置および運用はある程度ネットワークに関する知識が必要であまり一般的ではありません。そこで、今回はもう少し手軽な方法をご紹介します。主な方法は3つ。




 
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。