--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2013.12.03 20:41|カテゴリ:海外ニュース

「核ミサイル発射の秘密コードが『00000000』だった」という記事は「ガイシュツ」なんだけど話題になってますね


 「Today I Found Out」が取り上げたからかもしれませんが、「核ミサイル発射の秘密コードが『00000000』だった」という記事をあちこちで見かけますね。
 
米国の核ミサイル発射パスワード、なんと20年間にわたって「00000000」だった - Cul-On
冷戦時代、米国は多数の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を配備してソ連をはじめとする東側諸国を牽制していましたが、なんとこれらのICBMの発射に必要なパスコードが「00000000」というシンプル極まりないナンバーに設定されていたことが、このたび明らかになりました。



第三次世界大戦の引き金となる核ミサイル発射の秘密コードが「00000000」だったことが明らかに!! | コモンポスト
0が8つ並んだ「00000000」。一般市民が危険すぎてパスワードにも使わないようなこんな文字列が、世界の命運を左右する核ミサイル発射の秘密コードとして15年間も使われていたことが明らかとなりました。

 「このたび明らかになりました」とか「明らかとなりました」とか書いてしまうと、まるでつい最近明らかになったかのようですが、確かこれって随分前だったような……。
  
 と、思い、検索してみると、2004年の以下の記事が見つかりました。すでに元記事はなく、Internet Archiveです。

Keeping Presidents in the Nuclear Dark (Episode #1: The Case of the Missing “Permissive Action Links”) - Bruce G. Blair, Ph.D.
SAC remained far less concerned about unauthorized launches than about the potential of these safeguards to interfere with the implementation of wartime launch orders. And so the “secret unlock code” during the height of the nuclear crises of the Cold War remained constant at OOOOOOOO.


 もしかすると、もっと前に出ていたかもしれませんが、いずれにせよ「ガイシュツ(既出:ホントのよみはキシュツね。)」ってやつですな。


 ちなみに「Today I Found Out」の該当エントリはこちら。

For Nearly Two Decades the Nuclear Launch Code at all Minuteman Silos in the United States Was 00000000


 こちらのコメント欄をよく見ると、読者からも指摘されていますね。

00000000.jpg

 
 この読者が挙げているのは2005年のこちらの記事。記事内で使われているアイキャッチ画像も、角度と撮影距離は違うもののとても似てますね。
 
I've Got the Same Combination on My Luggage! Damn Interesting


 まあ、「Today I Found Out」は何も新しいニュースを載せるサイトではないですし、コメントに対する返信にもそのようなことが書かれています。特に問題はないと思いますが、そこから転載した方がそのことに気づかないでいると、あたかもつい最近明らかになったかのようなエントリが増殖し、結果、誤解をする人が増えちゃいます。困ったものです。
   
 日本語のエントリはいずれもソースに「Today I Found Out」の記事を挙げていますが、その記事をよく読むと初出が2004年に公開された文書であることがわかります。


Dr. Blair, whose resume to date is far to long to write out here, is the one who broke this “8 zeros” news to the world in his 2004 article “Keeping Presidents in the Nuclear Dark.” He also outlined the significant disconnect between the nation’s elected leaders and the military when it came to nuclear weapons during the Cold War.
For Nearly Two Decades the Nuclear Launch Code at all Minuteman Silos in the United States Was 00000000


    
 もちろん、昔のネタを掘り返して話題にするのは構わないと思いますが、よく読まずに飛びつくと誤った記事になりかねません。
  
 明日は我が身ではあるんですが、今回の件から、あらためてブロガーとしては気をつけたいと思いました。


追記
 スラドにも掲載されていますが、こちらは「明らかとなりました」とまでは書かれていないので意図的に外しました。ただし、スラドは他のサイトにも転載されますし、コメント欄を見るとやはりつい最近のことと勘違いしている方がいらっしゃるみたいなので、その点は気がかりです。最終的に読む方がソースまで確認するよう気をつければ、そのような誤解は防げるので、要はソースをちゃんと確認しましょうねってことですな。

米国の核ミサイルの発射パスワードは「00000000」だった | スラッシュドット・ジャパン セキュリティ
冷戦中、米国では領土への攻撃が行われた場合、迅速に核弾頭ミサイルによる反撃が行えるよう準備をしていた。核弾頭ミサイルの発射にはPermissive Action Link(PAL)と呼ばれるデバイスに発射コード(暗証番号)の入力が必要だが、この発射コードは、「00000000」という数字に設定されていたそうだ(TODAY I FOUNDOUT、本家/.)。



 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。