reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
 米国時間2013年9月10日火曜日は、マイクロソフト、アドビ、Oracleがそれぞれセキュリティアップデートを公開しています。
 
 マイクロソフトは月の第2火曜日に脆弱性を修正するプログラム(セキュリティパッチと呼びます)を提供するため、毎月第2火曜日を俗にパッチチューズデイと呼んでいるのですが、たまに悪用される危険性の高い脆弱性を修正するパッチやとてもパッチの数が多い時などに、揶揄してブラックチューズデイなどと呼んだりします。

 最近では、他のベンダーも月の第2火曜日にパッチを提供するようになったため、さらに適用しなければならないパッチが重なることがあるのですが、今回はアドビもOracle(Java)も同じ日に重要なアップデートを公表しました。まさにブラックチューズデイ(日本はウェンズデイ)。

 各セキュリティアップデートの詳細は以下ですが、マイクロソフトはMicrosoft Updateで、AdobeやJavaも自動アップデートを有効にしていたらそちらでアップデートが可能です。自動アップデートを有効にしていない場合は下記からダウンロードしてください。

■Microsoft
 2013 年 9 月のセキュリティ情報

■Adobe 
 Adobe Flash Player
 Adobe - Security Bulletins: APSB13-21 - Security updates available for Adobe Flash Player
 
 Adobe Reader and Acrobat
 Adobe - Security Bulletins: APSB13-22 - Prenotification Security Advisory for Adobe Reader and Acrobat
 
 Adobe Shockwave Player
 Adobe - Security Bulletins: APSB13-23 - Security updates available for Adobe Shockwave Player
 
■Oracle
 Java7
 Java SE Downloads
 

 上記のうち、緊急性が高いのはMicrosoftの「緊急」レベル4件と「Adobe Flash Player」と「Adobe Shockwave Player」ですが、基本的に全部適用しましょう。また、MacユーザもAdobeとJavaは関係するのでご確認を。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。