--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2013.08.02 23:03|カテゴリ:Security

「is this it?」「what?」「here」「When is it?」というDMはTwitterスパムなのでご注意を!


 本日、Twitterでフォロワーさんから短縮URL付きの「is this it?」というダイレクトメッセージが届きました。


 
 例によってTwitterスパムでした。
 
 短縮URLをいつものように、KnowURLで展開すると…。
 




 とまあ、2回短縮URLを介していました。最終的にアクセスした先はこちら。
 

 
 これまたいつものようにTwitterのログインページを偽装したフィッシングサイトです。
 
 いつものように、「twitter.com」に似たドメインが利用されています。今回は「itwitier.com」。サーバは中国にあり、同サーバにはもうひとつ「twitller.com」というドメインのフィッシングサイトがありました。


 
 なお、調べてみたところ、同じフィッシングサイトに誘導するダイレクトメッセージとして他にも「what?」「here」「When is it?」というパターンもあるようです。
 
 いずれにせよ、不審なリンク付きDMについてはうかつにクリックしないようにしましょう。

 対処法は以前まとめているのでこちらの記事を参考にしてくださいね。

【決定版】Twitterスパムに引っかかった時の対処法 周りの方にも教えてあげてください - I believe in technology
 記事内にも簡単に対処法を書いてはいたのですが、応急手当的な内容でした。直接私にツイートを下さった方には、もう少し詳しく説明しているので、その内容を今回は記したいと思います。




関連記事


Twitterユーザは気をつけろ これがtwitterスパムだ〜詳細解説編 - I believe in technology
では、今回のスパムを使って実際のURLを確認してみましょう。といっても、いきなりリンクをクリックするのは危険です。そこで、短縮URLを展開してくれるサービスを使ってみます。


【Twitterスパム警報】「This person is threatening to expose something bad …」というDMに注意 : I believe in technology
ここ数日、Twitterで「This person is threatening to expose something bad about you 短縮URL」というDMが増えていますが、例によってTwitterのアカウント情報を盗む目的のTwitterスパムです。


 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。