--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2013.07.25 12:10|カテゴリ:Security

ハックされた「Apple Developer Centerの回復状況がわかるステータスページが公開


 先週7月18日(木曜日)の朝(カリフォルニア時間)からアクセス不能に陥っている「Apple Developer Center」。
 
Appleのデベロッパー向けサイトが長すぎるダウン中。一部ユーザにはパスワードリセット要求も。セキュリティ上のトラブルか? - I believe in technology
Appleのデベロッパー向けサイトApple Developer Centerが米国時間7/18以降、アクセスができなくなっています。


 トルコのセキュリティ研究者が実証のためにシステムに侵入したと表明していたりしますが、その件に関してAppleからのアナウンスはなく、侵入が事実なのかどうかは現時点では不明です。

「アップル社への不正アクセスは私だ!」トルコのセキュリティ研究者が名乗り - I believe in technology
アップル社の開発者向けサイトDeveloper Centerが不正アクセスを受けた件ですが、この不正アクセスを行ったとするトルコのセキュリティ研究者が現れたことを英Guardianが伝えています。


 もともと、Appleは秘密主義にすぎるきらいがありますが、さすがにいつまでもこの状況が続くのはDeveloperに対する影響が大きいと判断したのか、本日朝、Developer宛にメールがきました。

20130725105037.jpg

 ということで、「Apple Developer Center」のステータスページができたようです。
 
20130725105042.jpg

 これによると、現時点では「iTunes Connect」と「Bug Reporter」しか回復していないようですね。
 
 「Apple Developer Center」に直接アクセスすると例によってメンテナンス画面しか表示されないので、気になる方は上記URLをブックマークしておくといいでしょう。
 
 いつものこととはいえ、もう少し情報公開してもいいのではないですかねぇ、Appleさん。

関連記事


【Appleがやられた】長すぎるアップルデベロッパーセンターメンテナンスはやっぱりセキュリティ侵害が原因だった - I believe in technology
2013/7/22現在もメンテナンス中のApple Developer Centerですが、私のところにアップル社からセキュリティ侵害があった可能性を示唆するメールが送られてきました。


 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。