reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
 海上自衛隊のニュースリリースで公開されたPDFファイルにミスがあり、黒塗りして隠したつもりの艦名が実は見えてしまうという事件が発生しましました。

 問題のニュースリリースは、平成22年度護衛艦の命名・進水式についてというPDF形式のファイルです。(現在は修正済み)

 現在は修正されていますが、修正前は以下のように艦名が黒塗りされていました。


20130717102704.jpg

 ところが…。
 
 実は、黒塗りした部分には元の文字列がそのまま残っており、範囲指定してコピー後にメモ帳などにペーストすることで簡単に元の文字列を見ることができる状態でした。

20130717102716.jpg

20130717102721.jpg



 これはおそらくマーカー機能を誤解して使用したために発生したものと考えられます。マーカーは色をつけるだけで実際の文字列は残ったままです。もし、完全に元の文字列も削除するのであれば、Acrobatなどの「墨消し」機能を使う必要があります。
 
 
 この手のミスによる情報漏えいはひと昔前に蔓延し、その後、各組織でルールが徹底されることで最近はあまり報じられることがなくなっていたのですが、今回は広報担当者が機能をよく理解していなかったようですね。
 
 「艦名」は命名式終了までは公表を控えることになっていたようですが、単純なミスで漏えいしてしまいました。「艦名」がどれくらいの機密に相当するのかはよく知りませんが、機密レベルはあまり高くなかったと想像します。しかし、より高度な機密が漏れてしまったら大変です。自衛隊の方には情報管理の徹底をお願いしたいところです。

関連記事


ロシアが行った究極の情報漏えい対策が斜め上を行っている件 - I believe in technology
 フランス通信社とモスクワタイムスによると、クレムリンの通信保護担当者がコンピュータからの情報漏えいをさけるため、あるものを20台購入しようとしているそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。