--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2013.06.28 07:00|カテゴリ:Security

Facebook アプリが電話番号をぶっこ抜き! アプリは修正予定もいまだGooglePlayで公開中


 セキュリティベンダー「シマンテック」のオフィシャルブログが、Android版Facebookアプリがスマホの電話番号をFacebookのサーバに送信していることを公表しました。

Facebook アプリによる個人情報の漏えいをノートン モバイルインサイトが検出 | Symantec Connect Community
特に注目すべきなのは、モバイルインサイトが Android 版の Facebook アプリを、デバイスの電話番号漏えいするという理由で自動的に検出したことです。Facebook アプリを初めて起動したときに、ログインしていなくても、電話番号がインターネット経由で Facebook のサーバーに送信されます。電話番号の入力もログインも不要で、特定の操作を行う必要もなく、それどころか Facebook アカウントすらなくても、この処理は実行されてしまいます。


 電話番号は、ログインすらしていない、アカウントすら持っていない状態でも、アプリを起動しさえすればスマホ本体からぶっこ抜かれます。なんという凶悪仕様。

 Facebook社は
 

電話番号の利用や処理はしておらず、すでにサーバーから電話番号を削除した
Facebook アプリによる個人情報の漏えいをノートン モバイルインサイトが検出 | Symantec Connect Community



 とシマンテック社に回答しているようですが、削除したということは保存していたわけですよね。なんで?ひょっとして、噂の『PRISM』が関連してるのかな?

NSA(米国家安全保障局)の極秘プログラム『PRISM』のおかげで売上が9,538%もアップした本とは : I believe in technology
『PRISM』と呼ばれる極秘プログラムが、Microsoft、Yahoo、Google、Facebook、AOL、Skype、YouTube、Apple、Paltalkといった名だたるIT企業のサーバから個人情報を収集していたことは大きな論議を呼んでいます。

 
 「次期リリースで修正を行う予定」ということですが、電話番号ぶっこ抜きアプリはいまだGooglePlay上で公開されたままです。

 Facebook社にはまず「利用しないのに電話番号をサーバに送信し、保存していた意図」を明確にしてもらいたいところですね。

 


関連記事


Facebookで600万人分の個人情報が誤って共有 現時点で悪用された証拠はない( ー`дー´)キリッ - I believe in technology
 「The Register」によると、Facebookのバグにより、600万人分の個人情報が誤って共有されたとのこと。


 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。