reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
 最近、ちょっと変わった「プロバイダ勧誘トラブル」が増えているようで、国民生活センターが速報を出して警告しています。


最近、プロバイダの契約にあたり「事業者から電話で勧誘され、よく理解せず言われるままにパソコンを操作し、事業者に自分のパソコンを“遠隔操作”してもらったところ、承諾していないプロバイダ等の契約に申し込まれてしまった」等というトラブルが複数寄せられるようになった。このトラブルは、消費者と事業者との間における合意内容を事後に確認しにくく、解決が難しいケースが多い。
速報!“遠隔操作”によるプロバイダ勧誘トラブルにご注意!(発表情報)_国民生活センター



 この勧誘トラブルで特徴的なのは、以下の画像で示されているように被害者のパソコンが事業者によって「遠隔操作」されるという点です。


(画像引用:速報!“遠隔操作”によるプロバイダ勧誘トラブルにご注意!(発表情報)_国民生活センター


 「遠隔操作なんてそう簡単にできるものかな?」と思う方も多いと思いますが、いくつかのステップを踏ませることで、パソコンを遠隔操作可能な状態にすることができます。

 国民生活センターが公開している相談事例を見ると、年配の方や未成年者を相手に言葉巧みに騙し、いくつかの操作をさせることで遠隔操作が可能な状態に誘導していることがわかります。
 

事例1
パソコンを立ち上げた後、指示されたホームページを見て何かの数字を教えたことは覚えているが、それ以外、自分は何もしていない




事例3
言われた通りにパソコンを操作し、遠隔操作ができるサイトに接続し、表示された ID 等を伝えると事業者がパソコンを操作できるようになった。利用している通信会社の ID を聞かれ、伝えたところ、遠隔操作で接続設定が終了した。



 この2つの事例では、遠隔操作サービスを提供するWebサイトを悪用したものと思われます。
 
 代表的なものに以下があります。(下記サービスはあくまでも例です。今回のプロバイダ勧誘トラブルで利用されたわけではありません。)
 
O-remo PC画面共有 - 利用方法 (これで使える)


 このサービスではわずか3クリックで遠隔操作可能になるようです。この方法では、簡単な操作をさせることですぐに遠隔操作が可能になります。



事例2
事業者の指示通りに、パソコンを操作して待っていると、事業者が遠隔操作したようで、すぐに登録が完了した。



 こちらの事例は、リモートデスクトップ機能を利用したものと思われます。Windows OSであれば「リモートアシスタンス」と呼ばれる機能が、Mac OS Xであれば「画面共有」や「リモートマネジメント」という機能がそうです。また、VNCなどのアプリケーションをインストールさせることでも、遠隔操作可能です。

 参考までに、Windowsのリモートアシスタンスの使い方を載せておきます。
遠隔操作でパソコンの設定を直してもらうには?



 どちらの方法も、元々は正しく使うことを想定し提供されているものです。たとえば、パソコンにあまり詳しくない親類や知人が離れたところに住んでいらっしゃるような場合に遠隔操作することで、使い方を教えてあげたり、設定をしてあげたりといった具合です。
 
 当然ですが、遠隔操作してもらう相手は信頼できる人でなければなりません。

 よくわからない業者に遠隔操作を委ねるのはとても危険です。
 
 いまのところは「現在より高額なプロバイダに契約されてしまった」という程度の被害しか明らかになっていませんが、遠隔操作を可能にしてしまうと、パソコン内のデータをすべて覗かれたり、盗まれたりする可能性があります。

 まともな事業者なら遠隔操作して契約をさせるなんてことはありません。

 本ブログを見てくださっている方はこの手の情報にお詳しい方も多いでしょうから、そう簡単に引っかからないかもしれませんが、もし親類や知人に引っかかりそうな人がいたら、ぜひこのような被害が増えていることを知らせてあげてください。

 また、そのようなケースに遭遇したら、お住まいの自治体の消費生活センターに連絡しましょう。
 
全国の消費生活センター等_国民生活センター

 悪質な業者にお気をつけて!



佐藤 佳弘
春風社 2010-03
¥ 2,200
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。