reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
 6月3日朝、朝日新聞が東日本大震災の復興予算で2千億円がついた雇用対策事業のうち、1085億円が被災地以外で使われていることを報じました。
 
復興予算、雇用でも流用 被災地以外に1千億円 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
東日本大震災の復興予算で2千億円がついた雇用対策事業のうち、約1千億円が被災地以外で使われていることがわかった。被災地以外の38都道府県で雇われた約6万5千人のうち被災者は3%しかおらず、被災者以外が97%を占める。「ウミガメの保護観察」や「ご当地アイドルのイベント」など震災と関係のない仕事ばかりで、大切な雇用でも復興予算のずさんな使われ方が続いている。


 この1085億円は、本来被災地から避難した被災者の雇用に使われるはずだったのですが、被災地以外の38都道府県で雇われた人約6万5千人のうち被災者はわずか3%しかいませんでした。
 
 しかも、「ウミガメの保護観察」や「ご当地アイドルのイベント」など震災と関係のない仕事ばかりということでその使われ方のずさんさが指摘されていたのですが、当日夜の「報道ステーション」ではこれらに加え、山口県のゆるキャラ「ちょるる」に復興予算1,400万円が流用されたことが報じられます。

 その直後からTwitter上では「ちょるる」に関するツイートが急増!まー叩かれる叩かれる。



 挙句の果てには、「ゆるキャラグランプリ2012」で2位になったことまで疑われる始末。


 


 報道って怖いですね。ちょっと報じられただけでこの始末です。
 
 でも、ちょっと待って下さい。記事からもわかりますが、この復興予算1,400万円が「ちょるる」に使われたのは2011年度(平成23年度)です。山口県のホームページでも以下のように実績報告書で1,409万円が「ちょるるPR隊」に使われたと公表されています。なお、事業計画書の時点では1,500万円でしたから、100万円ほど節約されたようです。
 

出典:山口県/労働政策課/雇用対策・基金事業計画等

 「ちょるる」が2位になったのは2012年度(平成24年度)に開催された「ゆるキャラグランプリ2012」です。つまり、復興予算1,400万円のおかげで「ゆるキャラグランプリ2位」になったというのは間違いでしょう。
 
 では、2012年度はいくら使われたのでしょう?

 実は山口県のホームページに公開されているのは2012年度上半期まで。



 上半期の実績報告書を見ると、「ちょるる」には1円も使われていません!「復興予算でゆるキャラグランプリ2位」なんて、イメージ悪すぎです。よかったよかった。
 
 ……
 
 と、思ったのですが、念のため2012年度の事業計画書を見てみると…。
 


出典:山口県/労働政策課/雇用対策・基金事業計画等
 
 え?
 
 3,487万円!
 
 倍以上に増えてる!!

 
 2011年度は事業計画書では1,500万円だったところ、実績は1,400万とほぼ満額が使われていました。上半期には1円も使われていないとなると、これらは下半期に使われたのでしょうか?
 
 偶然かもしれませんが、「ゆるキャラグランプリ2012」の投票期間は「2012/9/15 〜 2012/11/16」と下半期にかかっています。
 
 
 事業計画通りに使われたかどうかは現時点では不明です。また、使用用途はあくまでも「ちょるるPR隊や観光キャラバン隊による山口県のPR」ですから、「ゆるキャラグランプリ2012」に使う計画があったわけではありません。


 しかし……。


 いずれにせよ東北の復興とはなんの関係もないのも事実。
 
 昨今、ゆるキャラブームで各都道府県は地元のゆるキャラをアピールしまくっていますが、愛らしいゆるキャラもこのようなことがあるとダークに見えてしまいますね。「ちょるる」が悪いわけではないのですが、このままだと同じ山口県に昔いたキャラクター「エコハちゃん」のように、この問題をなかったことにするため、消されちゃうかもしれません。

『ピカチュウ』にしか見えない『エコハちゃん』、残念ながら使用中止に : I believe in technology
このエコハちゃん、ついにといいますか、やはりといいますか、本当に最後の時を迎えることになりました。


  
 
 もちろん、これは復興予算流用のごく一部のケースでしかありません。このエントリを書く過程で、山口県の復興予算の使い道を調べてみましたが、23年度の計画はそれはもうひどいものです。まるで復興とは関係ないものに多額の予算が計上されていました。これに気づくことができたのは、ある意味、「ちょるる」のおかげです。

他の都道府県でも調べればいろいろと出てきそうです。この際ですから、「ちょるる」も復興予算の流用を暴くゆるキャラ「ダークちょるる」として政府に雇ってもらい生まれ変わったらいかがでしょう?さぞかしイメージアップへとつながると思いますよ。

【2013/6/23追記】


 2012年度は2,300万円使ったようですね。本来、被災者の雇用に使うべき「震災等緊急雇用対応事業」を3,700万円PRに使って、被災者の雇用はゼロ。やっぱダークだわ。


基金を通じた流用を巡っては、厚生労働省の「震災等緊急雇用対応事業」をもとに、山口県がゆるキャラ「ちょるる」を使った観光PRで、11年度に約1400万円を支出して男女20人を雇用。12年度は約2300万円を支出して男女74人を雇用した。山口県によると、延べ94人のうち被災者はゼロだった。
東日本大震災:復興予算1000億円、返還要請 未執行分巡り通達 財務省など方針- 毎日jp(毎日新聞)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。