--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2013.05.12 10:26|カテゴリ:Security

不正アクセス対策に有効! 日本でも利用可能になった「Apple ID」の2段階認証を設定しよう


 昨日から、日本でも「Apple ID」の2段階認証が利用可能になったようです。
 
 2段階認証では、その名前の通り認証ステップが2段階あります。手間はかかることになりますが、その分従来よりセキュアな認証が可能です。

 「Apple ID」の2段階認証は以下のような仕組みとなっています。
 
 通常のサインインではIDとパスワードを利用しますが、2段階認証ではさらにサインイン時に毎回認証コードというものを生成し、その認証コードも入力しないとサインインできない仕組みとなっています。この認証コードは、あらかじめ登録しておいた「信頼できるデバイス」に、「iPhone を探す」の通知機能または SMS を使って送信されます。
 


 万が一パスワードが漏れても「信頼できるデバイス」がないとサインインできません。これにより、第三者による不正サインインを防ぎます。
 

 この2段階認証、残念なことに利用可能なのはまだ一部のユーザのみのようです。

 そこで、まずは自分のApple IDが2段階認証利用可能かどうかを確認しましょう。


1.「My Apple ID」にアクセスします。

2.「Apple ID を管理」をクリックします。


3.自分の「Apple ID」でサインインします。


4.「パスワードとセキュリティ」を選択します。


 この時点で、「2ステップ確認」という項目が表示されていなければ、まだ2段階認証が利用可能になっていません。かく言う私も、2013年5月12日10:00現在、まだ使えません。今後、段階的に利用可能になるようなので 残念ですが利用可能になるまで待ちましょう。

 なお、利用可能になっている方は、以下のAppleのサイトにあるFAQを参考に設定を行いましょう。本ブログでも、私のIDで2段階認証が利用可能になり次第、詳細な手順を掲載します。
 
Apple ID:Apple ID の 2 段階認証についてよくお問い合わせいただく質問 (FAQ)
なぜ Apple ID に 2 段階認証が必要なのですか? Apple ID は、Apple のさまざまなサービスを利用する際の鍵のようなものです。そのため、他人が自分の Apple ID のアカウント情報に勝手にアクセスしたり、パスワードを変更したり、その他のアカウントに関する変更を行ったりできないようにすることが重要です。2 段階認証は Apple ID をできる限り安全にするための機能です。


 ここのところ、連日のようにさまざまなサイトでアカウントへの不正アクセスが報じられています。原因には、弱いパスワードの設定やパスワードの使い回しが考えられます
 
 「強いパスワードを設定する」、「同じパスワードを使いまわさない」という対策はもちろん必要ですが、2段階認証のようなよりセキュアな認証を提供しているサイトでは、極力利用するようにしましょう。
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。