reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
 「マスコミなら何を行なっても許される」とでもいうのでしょうか?
 
 なんと、共同通信社の記者が、パソコンの遠隔操作事件で「真犯人」が犯行声明を送りつける際に利用したメールサーバーに不正アクセスを行なっていたそうです。(その後、朝日新聞社記者も不正アクセスを行なっていたことが判明しました。)
 
共同通信記者 “真犯人”利用サーバーにアクセス NHKニュース
パソコンの遠隔操作事件で、去年、真犯人を名乗って犯行声明を送りつけた人物が利用したメールのサーバーに、共同通信社の記者がアクセスして、送受信の記録などを複数回閲覧していたことが分かりました。


 不正アクセスを行ったのは、社会部の複数の記者。
 
 業務上知り得たメールアドレスを元に、「真犯人」が利用したフリーメールの管理サイトに、推測したパスワードを入力することでアクセスに成功したとみられています。

 管理サイトには、記者らが複数回アクセスし、送受信の記録を見た形跡があったとのこと。
 
 日本には不正アクセス禁止法(不正アクセス行為の禁止等に関する法律)があり、同法第二条第四項第一号に定められているように、他人のID、パスワードを用いてアクセスした今回の行為は、まさに不正アクセス行為に相当し、処罰の対象となります。


 アクセス制御機能を有する特定電子計算機に電気通信回線を通じて当該アクセス制御機能に係る他人の識別符号を入力して当該特定電子計算機を作動させ、当該アクセス制御機能により制限されている特定利用をし得る状態にさせる行為(当該アクセス制御機能を付加したアクセス管理者がするもの及び当該アクセス管理者又は当該識別符号に係る利用権者の承諾を得てするものを除く。)



 共同通信社の編集局長は「取材倫理上、行き過ぎがあった」としていますが、そんな生やさしいものではありません。
 
 犯罪行為です。
 
 同事件に関しては、警察といい、マスコミといい、常軌を逸していると感じるのは私だけでしょうか?

続報!!


2ちゃんねるで暴露された共同通信記者の不正アクセス全10回の履歴とそれにともなう考察 : I believe in technology
なんと、2ちゃんねるのこちらのスレに、共同通信社の記者同様、同メールサイトにログインしていたという人による書き込みがありました。



関連記事


「我々をかたったウイルスメール送信は許さない」と不正アクセスを正当化した朝日新聞が言ってる件 : I believe in technology
2013年7月23日、朝日新聞の記者をかたったウイルスメールが国会議員2人に送付されていたことがわかったとして、朝日新聞社が警視庁に通報したそうです。


マスコミは共同通信の記者たちをこそつけ回すべきではないのか? : I believe in technology
 しかしこれは見ようによっては、「この共同通信記者たちの中に真犯人がいる」とも考えられます。


メディアが報じない事実 「遠隔操作ウィルス事件・片山祐輔容疑者弁護人 佐藤博史弁護士会見」を見てほしい : I believe in technology
警察にとっては、容疑を認めない容疑者を精神的に追い込むのにとても効果のある手法なのでしょう。確かに効果がありました。やってもいないのに、やったと自白させたのですから。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。