--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2013.04.05 07:10|カテゴリ:Security

Google Playに溢れる不正アプリ マカフィー、シマンテックはアプリ名を晒し、トレンドマイクロはアプリ名を隠し警告


 Androidの公式マーケット「Google Play」上に、大量のワンクリック詐欺アプリが見つかっており、シマンテック社、トレンドマイクロ社、マカフィー社といった大手セキュリティ各社が警告を呼びかけています。
 
 シマンテック社、トレンドマイクロ社の警告記事は先日ご紹介しました。

シマンテックとトレンドマイクロのモザイクのかけ方からかいま見える姿勢 : I believe in technology
シマンテック社は、ワンクリック詐欺アプリの名前、開発者名にはモザイクをかけていません。それに対し、トレンドマイクロ社はアプリの名前、開発者名ともにがっつりモザイクをかけています。


 また、マカフィー社は2013年4月4日に、不正なアプリに関するエントリを公式ブログに載せ、警告しています。 

マカフィー株式会社 | McAfee Blog - ワンクリック詐欺の亜種によるGoogle Playへの攻撃は続く
マカフィーでは、マルウェアを拡散するために使用された複数のディベロッパーアカウントを特定しており、現段階で少なくとも80種のアプリケーションがGoogle Play上に存在したことを確認しています。マカフィーではGoogle Play Securityに対し、これらのディベロッパーアカウントについて報告しており、調査とアプリの取り下げを依頼しています。


 マカフィー社は発見した不正なアプリはすべてGoogleに報告しているとのことです。確かにこのエントリで確認できるアプリは、記事公開当日にはもうGoogle Play上には存在しませんでした。
 
 なお、先日の記事で触れたようにマカフィー社も、シマンテック社同様、該当アプリのスクリーンショットでは、ほとんどのアプリ名、開発者名がモザイクなしで確認できるようにしています。(一部のアプリ名だけモザイクがかかっているのは、おそらくあまりにも不快なタイトルだからだと思われます。)


(引用:ワンクリック詐欺の亜種によるGoogle Playへの攻撃は続く

 このように各セキュリティベンダーが指摘するように、現在、Google Playではワンクリック詐欺アプリが大量に公開される傾向にあります。今回、各社が発見したアプリは削除されたものの、また今後も新たな詐欺アプリが公開されることが予想されます。
 
 利用者の方は、この手の詐欺アプリに引っかからないようにしましょう。


 それにしても、マカフィー社もちゃんとモザイク無しにアプリ名と開発者名を晒していましたね。なぜ、トレンドマイクロ社だけがモザイクを入れて隠すのでしょう?


引用:「Google Play」上で複数のAndroid向けワンクリック詐欺アプリ(ワンクリウェア)の公開を確認 | トレンドマイクロ セキュリティ ブログ (ウイルス解析担当者による Trend Micro Security Blog)


 シマンテック社、McAfee社が発見した不正なアプリは、記事公開日にはGoogle Playから姿を消していましたが、トレンドマイクロ社が発見した不正なアプリだけは、記事公開から少なくとも3日間以上、Google Play上にありました。
 
 ぶっちゃけ、シマンテック社やMcAfee社、トレンドマイクロ社あたりの大手セキュリティベンダーともなると、それぞれ優れた技術を持っていて、製品にもそう差はありません。実際、私のブログでも時々トレンドマイクロ社のブログ記事を参考にさせていただくことがあります。
 
 それだけに、トレンドマイクロ社が他のベンダーのように不正なアプリの早期削除という公共の利益に貢献せず、アプリ名、開発者名を隠し、おそらくはGoogleに連絡することなく放置したことが残念でなりません。(連絡していたら3日間もGoogle Playには残ってないでしょう?)
 
 ここ最近、大量に詐欺アプリが出回っているのですから、良識あるセキュリティベンダーさんとしては適切な対応をしていただきたいものです。

 こういうところに、企業の姿勢って見え隠れするものです。消費者は意外と見てるものですよ。





 

関連記事


「誤検知」はどうなった? 「誤認逮捕」で不安を煽るトレンドマイクロさん、教えて? : I believe in technology
 「誤認逮捕」という言葉で不安を煽るのであれば、ウイルス対策ソフトの購入を一般の人に勧めるのではなく、警察に働きかけるべきではないでしょうか?セキュリティ・ベンダーなら、警察のサイバー犯罪対策にも力を貸せるはずです。


 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。