--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2013.03.22 18:03|カテゴリ:Security

Apple、ついに2段階認証導入 ただし、日本はまだ


 「The Mac Security Blog」によると、ついにAppleも「2段階認証」を導入したとのこと。ただし、この機能が使えるのは現時点で、アメリカ、イギリス、アイルランド、ニュージーランドのみ。
 
Apple Now Allows Two-Factor Authentication | The Mac Security Blog


 同記事内には、AppleのFAQへのリンクが貼られており、どのようなものかを確認することができます。

Apple ID: Frequently asked questions about two-step verification for Apple ID


 これによると、2段階認証を利用するには、My Apple IDページから「Manage your Apple ID(日本のサイトでは「Apple IDを管理」)」を選び、ログインし、「Password and Security(日本のサイトでは「パスワードとセキュリティ」)」を開いて、2段階認証の項目で設定を行う必要があります。

20130322174835.jpg

20130322174842.jpg
※日本のサイトではまだ開始されていないため、2段階認証の項目はありません。

 その後は、「iTunes」、「iBookstore」、「App Store」でコンテンツを購入する際やアカウントの管理を行う際に、IDとパスワードを入れると、事前に登録した端末に4桁の「verification code」が送られてくるので、それを投入することで利用が可能となります。
 
20130322174847.jpg
(引用:Apple ID: Frequently asked questions about two-step verification for Apple ID

 ちょっと気になるのは、この「verification code」の送付にはSMS以外にも「Find My iPhone(iPhoneを探す)」の「notifications」機能も使えるという点。FAQではどのようなイメージなのか記載していないので、早く試してみたいものです。
 
 他にも、iOSデバイスのパスワードを忘れた場合に、アカウント復旧用の14桁の「Recovery Key」も利用可能となります。こちらは、印刷して安全な場所に保管することを推奨しています。

 この辺り、ほぼGoogleの2段階認証と同じですね。

 2段階認証は順次対象地域を拡大するとのこと。Apple Id関連では、時々不正利用され勝手にアプリを買われたなんていう話を聞くので、日本でも早く使えるようになるといいですね。

関連記事


全部HTTPSじゃなかったんかいっ! ついにApp Storeでの通信が「すべて」HTTPSに : I believe in technology
 他のページでHTTPSが使われていないことにより、ユーザを騙してパスワードを盗んだり、有料のアプリを買おうとしているユーザに攻撃者が作った別の有料アプリを買わせたり、インストール済みアプリの一覧を盗んだりすることができるのです。


 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。