--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2013.01.06 07:00|カテゴリ:Security

写真シェアの恐怖再び Instagramの位置情報をもとにストリートビューを表示するサービスが怖い


 先日、実は写真シェアの恐怖を伝えるとってもいいCMだった Samsung『Galaxy Notes 2』という記事を書きました。
 
実は写真シェアの恐怖を伝えるとってもいいCMだった Samsung『Galaxy Notes 2』 : I believe in technology
そう思った方はこのCMが伝える真の意味を見誤っています。このCMは実は写真シェアの恐怖を伝えるCMなのです。



 この記事では、他人に写真がシェアされた場合の怖さについて触れましたが、今回は自分でシェアした写真のお話です。


 皆さんはスマートフォンで写真を撮影するとき、位置情報を意識していますか?
 
 もし、あまり意識していないようなら、ちょっとこちらのスクリーンショットを見ていただいた方がいいかもしれません。これは、『Instagram』にアップロードされている写真の位置情報を元にストリートビューと合成して表示するサービスで表示されたものをキャプチャーしたものです。(『Instagram』のコメントからご自分でアップロード、公開していらっしゃる写真だと思われますが、念のため当方でモザイクをかけさせていただきました。また、本記事ではこのサービスのURLの紹介は控えます。)
 


 左側の写真は『Instagram』にアップロードされたもので、きれいな女性が二人写っています。場所は室内のようです。そして、その写真が示す位置情報に基づいた大体の住所が右上に表示されています。背景には、その位置情報に基づいたストリートビューが…。
 
 デフォルトではランダムに写真が表示されますが、ハッシュタグでの検索も可能です。上記はあるハッシュタグで検索した結果表示されました。

 また、以下は別のハッシュタグで検索した結果、表示されました。(上記同様、ご自分でアップロードしていらっしゃる写真ではあるのですが、念のため当方でモザイクをかけさせていただきました。)



 

 最近は、男女問わず、顔出しの写真をアップロードすることに抵抗のない方が増えていますが、位置情報付きだといろいろ問題がありそうです。
 
 たとえば、アップロードした写真に自宅の位置情報が含まれていると自宅を特定されるなどの危険性があります。また、自宅以外でも、よく行く場所もまた危険です。写真を見た誰かが、あなたに会いたくてその場所にやってくるかもしれないからです。
 
 今回ご紹介したサイトではハッシュタグによる検索ができます。その使い方によっては、近くの人を探したり、趣味(?)にあう人を探すこともできます。なにげに怖いです。

***ここから追記***
 『Instagram』はアプリからしか見ることができないと思っていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではありません。『Instagram』は他のアプリやWebサービスから利用できるようAPIを公開しています。今回ご紹介したサービスも、おそらくそのAPIを利用しているものと思われます。

 また、『Instagram』ではアプリ内の地図上に写真を表示する「フォトマップ」という機能がありますが、今回例としてあげた3名のうち、お一人は「フォトマップ」をオフにしていらっしゃいました。それでもストリートビューが表示されるので、おそらく「フォトマップ」の設定とは関係なく、写真の位置情報で判断しているのだと思われます。そのため、「フォトマップ」をオフにしているからといって安心することはできません。基本的にはInstagramの、また他のカメラアプリを使って写真を撮る場合はそのカメラアプリの、位置情報利用をオフにする必要があります。
***追記ここまで***

 位置情報を写真に付加しておくと、後でどこで撮影した写真かわかってそれはそれで楽しめるのですが、少なくともシェアする写真に関しては、位置情報を追加すべきかどうか判断した方がよさそうです。
 
 私は、カメラアプリや写真共有サービスを利用するアプリの位置情報サービス利用はオフにしています。たまに意図的にオンにすることはありますが、普段はオフのまま撮影しています。

 気になる方はお使いのスマートフォンのGPS機能の設定を見直しましょう。(設定方法については、後日、記事にしたいと思います。)

関連記事


その写真、公開して大丈夫? 公開前にアプリで位置情報をチェックしよう! : I believe in technology
この事例のように、うっかりジオタグ付きの写真を共有サイトなどで公開してしまうと、自宅や勤め先、普段よく行く場所などが第三者にわかってしまうかもしれません。もし、写真の位置情報を編集したり削除したりしたいならアプリを使う必要があります。







今回の記事はいかがでしたでしょうか?
もし、当ブログを気に入っていただけましたら、RSSのご登録をお願いしますm(_ _)m
   ↓


関連記事


Q&Aサイトに残された「逗子市ストーカー殺人事件」の容疑者らしき書き込みが恐ろしい : I believe in technology
これは、逗子市ストーカー殺人事件の容疑者が書き込んだとみられるYahoo!知恵袋の質問のひとつです。以下の記事にあるように、容疑者はインターネットでストーカー対象である女性の住所を割り出そうとしていました。



Instagramのアクティブユーザが25%減少! 利用規約変更の影響か? : I believe in technology
なんと、Instagramが規約の改定を発表した12/17のアクティブユーザーが25%も減ったとのこと。

 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。