reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
 セキュリティベンダー、ネットエージェント株式会社の経営者でもある @lumin さんのブログを見ていたら、「Amazon kindle をクリスマスプレゼントにしてはいけない」というエントリがありました。

kindle でお買い物 - luminのコードメモ
本日来ましたAmazon kindle fire HDですが。読書好きな人にそのまま送るには危険なことがわかりました。


 どうやら、AmazonでKindleを購入すると購入した人のアカウントがそのままKindleに設定されるようです。

 そのため、もしAmazonでKindleを買って誰かにプレゼントすると、自分のアカウントが設定されてしまい、本名や住所はもちろん、人によっては知られたくない注文履歴までがつつぬけになってしまいます。また、最悪の場合、そのまま買い物に使われてしまう可能性すらあるわけです。

 そういえば、Gizmodeさんの購入レポートでも、最初からアカウントがセットされていたって書いてありましたっけ。

Kindle Paperwhiteの初期設定を事細かに解説 : ギズモード・ジャパン
すると、Amazonのアカウント確認画面になります。何もしなくても僕の名前が認識されていてびっくり。このアカウントを使用する場合は上を、別のアカウントを選択する場合は下をタップします。今回は上の「このアカウントを使用する」をタップします。



やっぱりスゴイ簡単だった! Kindle Fire HD初期設定方法を詳細解説します : ギズモード・ジャパン
Kindle Paperwhiteと同様に、Amazonのアカウントとすでにひもづけられた状態で出荷されているので、氏名の入力などは不要です。これ楽でいいです。


 やはり、最初からアカウントが設定されているみたいですね。

 この記事を書いた人は「楽でいい」と思われたようですが、個人的には最初からアカウントが設定されているというのはちょっと抵抗がありますね。場合によっては、間違って他人のアカウントを設定して送ってきたり、私のアカウントが誰かが買ったKindleに設定されてしまうことだって考えられるわけです。
 
 購入時のアカウントが設定された状態で送られてくるというのは便利なのかもしれませんが、上記のようなリスクを考えたら個人的には余計なお世話って感じです。


 なお、アカウントの設定をKindleにせずに送ってもらうためには、「ギフトの設定」をすればよいそうです。誰かにプレゼントしようかななんて考えている方は、その点だけ気をつけておくといいでしょう。

関連記事


新しいMacbookやApple Watchに浮かれてないでAppleユーザは「FREAK」脆弱性パッチを適用しようね|I believe in technology
 今朝は、アップルのイベント「Spring Forward」で、12インチの新しいMacbookやらApple Watchやらが発表されたのでさぞやアップル信者の方々は狂喜乱舞しておられるかと思いますが、その陰で、アップルが怒涛のセキュリティパッチ提供を行っているのはご存知でしょうか?








Posted by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。