reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

 ネタ的には、これまでデジタルマガジンさんに寄稿していたような内容なのですが、iPhoneアプリがらみなのでブログの方に書きます。

 先週、iPhoneで人気のアプリPathがiPhone内の連絡先データをユーザに無断で自社のサーバにアップロードしていることが判明し、PathのCEOデイブ・モリンがこれを認めるというニュースがありました。

ソーシャルサービスPathがユーザーに無断で連絡先データを収集 - ITmedia ニュース

 その後、VentureBeatがおこなったテストにより、Pathだけでなく、Facebook、Twitter、Foursquare、Instagram Foodspotting、Yelp、Gowallaといったメジャーアプリも連絡先のデータをそれぞれの会社のサーバにアップロードしていることがわかりました。

Some iPhone & iPad Apps Capture Address Book Data Without Users' Knolwedge - www.enterprisemobiletoday.com

 これらは、サービス提供のためのみに使われているようではあるのですが、やっぱり気持ち悪いですね。特に、ユーザに無断で連絡先データを送っているアプリはたとえ悪用していないとしても問題です。
(追記:上記のうち、無断でデータを送っているのはFoursquareのVer4.2以前です。Ver4.2.1にバージョンアップしておきましょう。)

 さらに。

 困ったことに一部のアプリは暗号化せずにデータを送っています。ということは、途中で盗聴されたら連絡先のデータを盗まれるということです。

 一般的に3Gで使っている場合には盗聴の可能性は低くなりますが、Wi-Fiで、しかも暗号化をしていないか、していてもWEPなど比較的簡単に破ることができる暗号の仕組みを使っている場合は危険です。

 Apple社では、今後のiOSアップデートで連絡先データにアクセスを求めるアプリはすべて、はっきりと分かる形でユーザーの許可を得なければならなくなるとしています。

 これで、こっそり連絡先データを盗むアプリがいなくなるといいのですが。


Posted by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。