--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012.12.11 21:06|カテゴリ:Security

都内のATMで「スキミング被害」発生 果たして皆さんはスキマーを見抜けますか?


 都内のATMでカードの情報が盗まれる「スキミング被害」が発生しているようです。

丸井のATMでスキミング 海外で550人分不正利用  :日本経済新聞
丸井グループのクレジットカード会社、エポスカード(東京)が設置するATMで、利用者のカード情報が不正に読み取られるスキミング被害が発生していたことが8日までに、分かった。


 スキミングとは、クレジットカードやキャッシュカードに書き込まれている情報を抜き出し、まったく同じ情報を持つカードを複製する犯罪です。

 通常、スキミングではスキマーと呼ばれるカードの情報を読み取る装置にカードを読みこませる必要があるのですが、いったいATMでどのようにして読み込ませたというのでしょう?

 エポスカードのサイトに被害の詳細が公表されていました。


■現在までに判明している事項
1. 不正利用は、カナダ・韓国において約550枚のカードでキャッシング利用 但し、被害の発生したカードは250枚   
2. 不正取得の可能性が懸念されるカード枚数は、約5,000枚
3. 不正取得された情報は、カード番号等の磁気テープ情報と暗証番号
4. 不正取得された方法は、ATMのカード挿入口への小型読取装置および小型カメラの設置

エポスカード|【海外キャッシングについて】


 4番目の項目を見ると、ATMのカード挿入口に小型のスキマーが設置されていたとのこと。これにより、ATMにカードを差し込むと同時にカードの情報が読み取られたものと思われます。

 「そんなものが設置されていたら気づくだろうに」


 そう思った方、こちらの写真をご覧ください。


(出典:Świat Kart Płatniczych - karty płatnicze, karty kredytowe, karty debetowe, Visa, MasterCard, American Express, Diners Club, statystyki, historia

 スキマーはこの写真のように、通常のカード挿入口を覆うように設置されます。果たしてこれでも見抜けますか?


 通常、カードの磁気テープ部分には暗証番号は含まれていません。これだけでは金銭的な被害にはならないはずなのですが、今回は約550枚のカードでキャッシングが行われてしまいました。

 アナログ的な方法では、ATM利用者の後ろから暗証番号を盗み見るというのもあるのですが、今回の場合は、4番目の項目に書いてあるように「小型カメラ」が使われたようですね。おそらくこの小型カメラは、暗証番号入力画面を録画もしくは外部に転送していたのだと思われます。


 犯人は、後でスキマーと小型カメラを回収するか、無線でカード情報や映像を転送します。そして、まずスキマーに取り込んだ情報から磁気カードを複製します。後は、そのカードを持って別のATMに向かい、小型カメラの映像から読み取った暗証番号を使ってキャッシングしたのでしょう。

 約550枚がキャッシングに利用されそのうち被害が発生したのが250枚ということですが、これはスキミングには成功したものの、小型のカメラの映像から正しく暗証番号が読み取れなかったのではないでしょうか。機械より人間の目のほうが不正確ですからね。


 ATMへのスキマー設置は海外ではよくあるようですが、国内では珍しいです。

 スキミングの場合、オリジナルのカードが手元に残るため、気がつかないことが多いです。キャッシングの請求や口座の残高などはこまめにチェックし、不審な点があったらすぐに問い合わせるようにしましょう。

 中には、満員電車やエレベーターの中など人の込み合う場所で触らずにかざしカード情報を盗み出す非接触型のスキマーもあるそうですから、いつスキミングされるか、わかったもんじゃないですからね。

 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。