--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012.12.04 14:03|カテゴリ:海外ニュース

身柄拘束は誤報? 殺人事件の重要参考人、マカフィー創始者はグアテマラで元気そう


 昨日、ニュースサイトAFPBBが、殺人事件の重要参考人として手配されているアメリカのセキュリティ企業マカフィーの創設者ジョン・マカフィー氏の身柄を警察が確保したと報じています。

マカフィー創業者の身柄拘束か、隣人の殺人事件で 中米ベリーズ 国際ニュース : AFPBB News
マカフィー氏の公式ブログ「whoismcafee.com」は1日、「ジョン・マカフィーがベリーズとメキシコの国境沿いで身柄を拘束されたという未確認の報告を受け取った」と掲載した。



 同記事はYahoo!にも掲載されたため見たことがある方も多いでしょう。

マカフィー創業者の身柄拘束か、隣人の殺人事件で 中米ベリーズ (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
中米ベリーズで起きた殺人事件をめぐり警察当局に出頭を求められ、数週間にわたって逃走中の米インターネット・セキュリティー大手マカフィー(McAfee)創業者、ジョン・マカフィー(John McAfee)氏(67)の公式ブログは1日、同氏が身柄を拘束されたとの報告を受けたと発表した。


 しかし、これはひょっとすると誤報かもしれません。

 というのも、このマカフィー氏が拘束されたとされる時刻より後に撮影されたと思われる写真が公開されているからです。

 写真が公開されたのは、現在マカフィー氏のドキュメンタリーを撮影しているVice.com。その記事がこちらです。

We Are with John McAfee Right Now, Suckers | VICE


 この記事内にある写真。現在は位置情報が削除されていますが、当初は埋め込まれたままでした。

 写真に埋め込まれたEXIF情報を見てみたところ、以下のようになっていました。

 写真はiPhone 4Sで撮られたようです。日付は、2012年12月3日12:26、つまり拘束されたとされる時刻より後です。




 同写真には以下の位置情報が埋め込まれていました。




 その位置情報をGoogleマップで確認すると、同氏がいるのはどうやらグアテマラのリオドゥルセというところのようです。






 まあ、AFPBBの記事にも「未確認」と但し書きつきだったので、完全な誤報とはいえないのですが、ちょっと勇み足だったかもしれません。


 同殺人事件については、マカフィー氏が行ったと断定されているわけではありません。また、マカフィー氏自身は「はめられた」と言っているようで、謎が多い事件です。


 この写真がフェイクであるということも考えられなくはないのですが、写真を見る限り、マカフィー氏、まだ元気そうですね。


 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。