reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-

(出典:Mail Online

 洋服を買いに行ったときに、ふと、マネキンと目があったような気がすることってありませんか?

 それ、ひょっとしたら気のせいではないかもしれません。

 「Mail Online」によると、欧米のハイストリートファッションチェーンでは、すでに監視カメラを仕込んだマネキンが導入されているとのこと。

The 'creepy' mannequin that stares back at you: Fashion retailers adapt airport security technology to profile customers | Mail Online



 「EyeSeeマネキン」と呼ばれるこのマネキンには、目の部分にカメラが仕込まれています。そのカメラにより、買い物客の年齢、性別、人種を記録し顔認識ソフトウェアに画像を送ります。

 これらの情報は、コンピュータで解析され、マーケティングに活用されます。

 その様子はこちらの動画から確認できます。ちょっと怖いですよ。




 メーカーであるAlmax社は、「どれだけのお客が店を訪れたのか、何時に混雑するのか」といった情報を簡単に確認できるとアピールしています。

 「EyeSeeマネキン」は一年近く前から販売されており、すでに3つの欧州諸国と米国で使用されているそうです。



 これ、怖くないですか?

 想像してみてください。あなたが買い物をしている姿をじっとマネキンが見つめてるところを…。しかも、そのマネキンは目に埋め込んだカメラであなたの姿をとらえ、勝手にいろいろ分析しているんです。そして、それをマーケティングに使うんです。


(出典:Mail Online


 そのうち、「○○様、23回目のご来店ありがとうございます。前回のご来店は2012年11月1日19時54分22秒で、滞在時間18分、奥様ではない女性といらっしゃり、ペアのリングをご購入でしたが、今回はどのような商品をご要望でしょうか?」なんて言ってくるかもしれませんよ。

 怖っ。

 Almax社によると、『EyeSee』に仕込まれたカメラには録画や撮影の機能はなく、マネキンの前を通った人物の個人情報が記録されることはないということですが、ちょっと不気味です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。