--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012.11.14 07:00|カテゴリ:Webサービス

新手の詐欺? 配信せずに課金する家入一真氏の有料メルマガ


 世の中には有料メルマガなるものがあるんですね。

 価格的には、月額500円~1,000円で、大体4,5通、つまり週に1回程度配信されるようです。

 有料であるからには、その中身は拙ブログのような無料だけど駄文といった代物ではなく、相当に優れたものだと推察されますが、配信されなければなんの価値も見出せません。

 そんな、配信されない「有料メルマガ」があるというブログ記事を見つけました。

Film Goes with Net 週刊(だったはずの)有料メルマガが一ヶ月間配信されなかった件
特にそのうちの1つは、10月には配信が0でした。でも課金されてました。夜間飛行で購読している家入一真さんの「生け贄スタイルの理論と実践」なのですが。


 この記事を書かれたのは、映画ブロガーのHotaka Sugimotoさん。

 同記事によると、株式会社paperboy&co.創業者でもある家入一真氏による有料メルマガが、1ヶ月間配信されなかったにもかかわらず課金されたとのこと。家入氏と言えば、paperboy&co.以外にも、株式会社パーティカンパニー、株式会社ハイパーインターネッツ、 株式会社パーティファクトリー、Livertyといったベンチャーを次から次へと立ち上げたことで有名なお方です。


 詳しくは上記ブログ記事をご覧いただくとして、私も別途、上記ブログ記事では確認されていなかった別のメルマガスタンド「まぐまぐ!」で家入氏の有料メルマガの状況を確認してみました。

家入一真のメールマガジン「生け贄スタイルの理論と実践」
数々のウェブサービスやカフェ、ベンチャーを立ち上げ、「遊び場」を作りまくっている家入一真がメルマガ業界に殴りこみ(1年ぶり、2度目)。今の世を生き抜く為の思考やスキル、「個」の可能性を引き出すアイデアなんかを、実験的活動を通して得た経験から、生け贄目線で書いていきます。また、同時並行で進んでいる様々な人生実験の結果も報告します。質問や悩み相談などで、読者の方々と一方通行ではない関係性を築けたらと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。


 紹介文がふるってますね。


「今の世を生き抜く為の思考やスキル、「個」の可能性を引き出すアイデア」なんかを、実験的活動を通して得た経験から、生け贄目線で書いていきます。」



 家入氏のことをよく知らない私には「なんのこっちゃ?」って感じですが、「数々のウェブサービスやカフェ、ベンチャーを立ち上げ、「遊び場」を作りまくっている家入一真氏」の書くメルマガですので、これは読みたくなる人もたくさんいらっしゃるのでしょう。

 で。

 このメルマガ紹介ページを下の方にスクロールしてみると、メルマガの価格や発行周期が書いてあります。キャプチャーしてみました。



 これを見ると、月額735円ではありますが発行周期は不定期ですし、「1配信あたり約 -円」となっているので、月に何通出すといったことは明記されていません。最悪、月に1通でもこの説明で納得して購入したのであれば、仕方ないのかなと思いかけたのですが…。

 Googleさんにちょっと昔のことを聞いてみました。こちらがそのキャッシュです。

家入一真のメールマガジン「生け贄スタイルの理論と実践」
これは Google に保存されている http://www.mag2.com/m/0001561870.html のキャッシュです。 このページは 2012年10月21日 03:30:39 GMT に取得されたものです。 そのため、このページの最新版でない場合があります。




 キャッシュだと消えてしまうかもしれないので、先ほど同様キャプチャーしてみました。



 おやおやぁ???

 本日11/14にアクセスした際にはなかった文字が10/21のキャッシュにはありますねぇ。

 【価格】735円/月(1配信あたり約147円)

 月額735円は変わりませんが、1配信あたり約147円。ちょっと計算してみましょう。

 735÷147=5

 この計算結果から考えるに、月5通程度は出るはずだったのではないでしょうか?

 なんで、10/21にはあった「1配信あたり約147円」が今は消えてしまっているのでしょうか?


 最初に紹介したブログ記事では、「夜間飛行」でも同様のことが行われているようです。

Film Goes with Net 週刊(だったはずの)有料メルマガが一ヶ月間配信されなかった件
そもそも当初、家入さんのメルマガは毎週金曜日に発行となっていたはずです。それがいつのまにか(告知もなく)以下のキャプチャのように発行周期が変わっていました。



 これは悪質ですね。

 忙しくてたまたま書けなかったというのであれば、そのように説明し、10月出すはずだった分に対してどうするかをアナウンスすればいいだけのことです。

 そんな当たり前のことすらせずに、当初の説明をこっそり書き換えるとはいったいどういうことなのでしょう?


 現在、家入氏の有料メルマガを購入している方の大半は、変更前の情報を元に、つまり月に4、5回は有益な情報満載のメルマガが配信されるということに対して、735円という対価を支払ったのではないでしょうか?それにもかかわらず、10/3~11/13までの1ヶ月以上、1通も配信せず、説明文をこっそり書き換えるなんて考えられません。


 こういうのって、「詐欺」っていうのではないでしょうか?


 説明を書き換えたのはメルマガスタンド側ですが、家入氏に落ち度はないのでしょうか?


 最初に紹介したブログでは、メルマガスタンド夜間飛行は家入氏に発行を督促しているということでした。


夜間飛行ではその原稿を再三、本人に催促してきておりました。催促の度、家入氏側から「○日までに原稿を送る」「月末までに必ず配信する」という約束をしていただいておりましたが、結局すべての約束を守ってもらえず、ご指摘の通り、1度も配信されることがありませんでした。



 また、夜間飛行と家入氏との間では以下のようなやり取りもあったようです。


Q: 御社の対応の遅れと本来発行されるはずのメルマガが発行されないことについて、告知もされないのが非常に気になります。
A: 申し訳ありません。家入氏のメルマガは週刊ではなく、「月4,5回」とのことで、
先月は最終的に「10月31日に4本出す」と連絡があったため、夜間飛行としまし
ても、それを信用した次第です。




 月の最終日に4通出すことで、月4,5回を守ったことにしようとするなんて、まるで子どもの夏休みの宿題のようです。


 このようないいわけじみた回答をすること自体、信用がおけません。しかも、結果的にそれすら守っていないという。

 メルマガを購入した読者は家入氏のメルマガに期待をしていたはずです。それをないがしろにしていいものでしょうか?


 家入氏と言えば、事実上退学状態だった「ああいう女性」((C)切込隊長)のために学費支援Webサービス「Studeygift」をぶち上げ、炎上したのを思い出します。

Webに爆誕した「studygift」という善意の塊の壮絶なオチ - conflict error
大学生だと思わせていたらとっくに退学していて単なる「元大学生」だった。 というか2年前期までしか学費を払ってないので、実質的に1年半しか在学してなかった。 すでに退学してるので金が集まっても学費に使えるかすら不明。 “彼女の(奨学金についての)話ありきで、救いたいと思って作った”とのことで、「学生」支援という建前がまともに機能しないのは必然だった。(実際に他の学生が利用しようと思っても参加フォーム自体が最初は存在しなかった。) “説明が足りなかった”“誤解を招く可能性”ということで、実は言い回しや表現の問題だったという落し所にしようとする凄い言い訳。 「学費支援プログラム」だが、次の学生が利用できるかは色々込み入ってるのでまったく未定。


 これもかなりうさんくさいサービスでしたが、「配信しない有料メルマガ」というのもかなりなものです。

 Sugimotoさんは「夜間飛行」から返金してもらったそうですが、他の読者は返金してもらったのでしょうか?また、「まぐまぐ!」や「BLOGOS」で購入している読者の方々はどういう扱いになっているのでしょうか?
  

 すでに11月も中旬に差し掛かっていますが、家入氏の有料メルマガは10/2以来、発行されていません。

 果たして11月は発行されるのでしょうか?

 気になります。


 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。