--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012.11.03 15:06|カテゴリ:Security

カウンターアタック炸裂! グルジアの政府系セキュリティ機関がサイバー攻撃してきたハッカーを逆攻撃


 セキュリティベンダーSophosのブログnakedsecurityによると、グルジア政府緊急対策チーム(CERT)がサイバー攻撃を仕掛けてきたハッカーのPCにカウンターアタックを行い、マルウェアを仕込むことに成功したとのこと。
 
Counterattack! Suspected hacker caught on HIS WEBCAM, while spying on Georgia | Naked Security


 そのマルウェアにより、ハッカーのPCに搭載されているWebカメラを遠隔操作し、ハッカー自身の写真撮影に成功、その男の写真を公開しています。


(出典:Counterattack! Suspected hacker caught on HIS WEBCAM, while spying on Georgia | Naked Security

 グルジア政府は、以前、ロシアから受けたとするサイバー攻撃に同ハッカーが関与していると疑っており、罠をしかけていました。今回、その罠にまんまと引っかかり、「Georgian-Nato Agreement(グルジア-NATOの協定)」という名前の機密情報が含まれているように見せかけたZIPファイルを用意、盗み出されるのを待っていました。
 
 このZIPファイルにはマルウェアが仕込まれており、グルジア政府の狙い通りファイルを盗み出してしまったハッカーは、マルウェアにより自らの写真を自らのPCのWebカメラで撮影されてしまったわけです。

 今回のカウンターアタックは、ロシアによるサイバー攻撃への反撃の一部と見られます。
 
 このように、ここ数年、各国の政府系セキュリティ機関によるサイバー攻撃が活発化しており、それはサイバー戦争とも呼ばれています。

 コンピュータやインターネットが社会インフラとなっている現代社会。これらに対する攻撃は、甚大な被害を与えます。日本警察によるサイバー犯罪に対する未熟さを持ち出すまでもなく、この分野でも日本は出遅れが指摘されています。日本が積極的にサイバー攻撃を仕掛ける必要はないでしょうが、サイバー攻撃に対する防御力強化は急務ではないでしょうか。
 
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。