reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
 本ブログでは、DeNAがはじめたVoIPサービス『comm』の危険性について記事を3本書きました。

 最初の記事の公開は10/23 21時37分でした。この記事では規約の凶悪さについて書いております。

 凶悪さではすでにLINE超え!DeNAの新サービスcommの規約が酷い

 この後、私は10/24 AM3時ごろまでに2本目、3本目の記事を書き上げています。




 2本目の公開は10/24 AM7:15.

 DeNA『comm』の検索機能が鬼畜 「プライバシー設定」を変更しないと大変な目にあうかもよ

 この時点で、3本目の記事は19時公開で予約をしていました。しかし、DeNAが『comm』規約を修正してきたので少し記事の内容を変えるとともに、公開を早め10/24 12時に公開しました。




 その記事がこちら。

 規約変えたからいいでしょ( ー`дー´)キリッ でも『comm』アプリは過剰にアクセス要求

 そして、同じ10/24 23:38、今度はAndroidのアクセス要求を修正したというツイートが公式Twitterアカウントから発せられました。





 とまあ、記事で指摘した内容のうち、2つはすぐに修正されたわけですが(もちろん、私の記事の影響ではなく世間の評判に対応して)、果たしてこれはどう評価したものでしょうか?


 指摘に対し真摯に反省し、即座に改めた?

 それとも、

 ばれちゃったからとりあえず修正しただけで、本質は変わっていない?



 シンプルに言えば、DeNAは善なのか悪なのか?



 私はこれを考えるにあたり、今回の公式アカウントのツイートが参考になると考えました。


今後のサービス拡大を見据え、現時点のサービスでは利用していない項目も含めアクセス許可をいただいておりましたが、それらの許可項目につきましては見直しをおこない、削除いたしました。」



 このツイートを見ると、「現時点で不要だと認識していたにもかかわらずアクセス許可を要求した」ということがわかります。


 ここにDeNAの本質が見え隠れしている気がします。


 当初の規約にせよ、アプリのアクセス許可にせよ、うっかりミスではない。わかった上でやっている。


 
 DeNAはあくまでも営利を目的とした企業です。営利企業ですから利益を出すことは当然です。問題はその手法でしょう。


 「無料」を声高に叫び、実際には課金や射幸心をあおる手法で莫大な利益を上げてきたモバゲー。そのモバゲーの母体であるDeNAがはじめる『comm』。


 もちろん、一概に同列に扱うわけにはいかないでしょう。まだDeNAが『comm』でどう利益を上げようとしているのかは不明ですから。


 ただ、その背景として今回明らかになった凶悪な(修正前の)規約、過剰な(修正前の)アクセス許可要求といったものが果たしてどう絡むのか?



今後のサービス拡大を見据え、現時点のサービスでは利用していない項目も含めアクセス許可をいただいておりましたが、それらの許可項目につきましては見直しをおこない、削除いたしました。」


 このツイートを素直に読むと、将来的にサービス拡大すると、今回いったんは削除したアクセス許可要求を最終的に必要としているかのように読めます。「そこで発生しうるトラブルを避けるために、凶悪な規約をこしらえた」と考えるのは考えすぎでしょうか?


 初めてアプリをインストールするときはアクセス許可要求にきちんと目を通す人でも、アプリのアップデート時にはなかなかチェックしないものです。



 気づかぬうちにまたアクセス許可要求が元に戻ったりしなければいいのですが。


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。