--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012.10.03 07:05|カテゴリ:Twitter

Twitterスパム増加中 不審なDMに気をつけろ


 ここ数日、続けて以下の様なDMを受け取っています。


hey this user is writing cruel posts that are about you http://jetidsy.giler.ru/
(このユーザーがあなたについて酷い記事を書いていますよ)




hey someone is writing offensive things that are about you http://bitly.com/a/warning?url=http%3a%2f%2ftwitlter%2ecom%2fr1%2f%3fbpqtr&hash=NHAE6a
(誰かがあなたの悪口を書いてますよ)



 これはいわゆるTwitterスパムの一種で、ここ最近増えているタイプです。このTwitterスパムには以下のような特徴があります。
 
 ・英語のDMである
 ・短縮URLが含まれている
 ・本文が「hey this user is〜」、「hey someone is」で始まる


 DMの内容が異なりますが、今回のTwitterスパムも、以前書いた以下の記事と基本的には同じタイプです。
  
Twitterユーザは気をつけろ これがtwitterスパムだ〜詳細解説編 : I believe in technology


 DM内のリンク先を上記記事で紹介している「KnowURL」で展開してみます。



 すると以下のようなURLをが出てきました。


http://twitvter.com/〜



 一見、「http://twitter.com」と見間違えそうなURLを利用しています。これにより、Twitterのサイトだと勘違いさせ、ログインさせることでUsernameとパスワードを盗みだすのが目的です。
 


 典型的なTwitterスパムによるフィッシングパターンです(フィッシングについても前述の記事で説明しています)。
 
 これらのDMを受け取ったときは、決して短縮URLをクリックしてはいけません。DMの内容自体は無視をし、送ってきた方に注意してあげるといいでしょう。その際、本記事のリンクなどを入れていただいても構いません。 

 もし、不幸にもこのようなDMを送ってしまった方は、速やかにTwitterのパスワードを変更し、ツイートしたDMを削除しましょう。また、恥ずかしいかもしれませんが、送ってしまった相手にはDM内のリンクをクリックしないように警告しましょう。

 被害を広げないことがポイントです。


 アンチフィッシング機能搭載、1本でWindows, Macintosh, Androidをサポート、3年3台分で激安!


関連記事です
【決定版】Twitterスパムに引っかかった時の対処法 周りの方にも教えてあげてください : I believe in technology


 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。