reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
 発売するやいなやセットアップがうまくいかない、使い方がわからない、本が少ない、本が読めないなどユーザからの不満が殺到。挙句の果てに、こうした問題を指摘した楽天市場のkoboに対するユーザーレビューを全削除するというウルトラCまでかましてくれた楽天kobo。
 
 とはいえ、そこはさすがに楽天です。これらの問題のうち「本が少ない」に真摯に対応するため、以下の様な目標を掲げて改善を図っていたようです。



 「ニュースリリース」を見ると、その地道な努力の成果が伺えます。


2012年 9月07日【コンテンツリリース】
 文藝春秋『伏 贋作・里見八犬伝』など 1828冊を追加
2012年 9月03日【コンテンツリリース】
 講談社『主に泣いてます 第7巻』など 687冊を追加
2012年 8月28日【コンテンツリリース】
 新講社『 「捨てる」「片づける」で人生が楽になる』など 1140冊を追加
2012年 8月22日【コンテンツリリース】
 商業界『無印良品 世界戦略と経営改革』など 202冊を追加
2012年 8月10日【コンテンツリリース】
 早川書房『華氏451度』『長いお別れ』など 418冊を追加
2012年 8月09日【コンテンツリリース】
 文藝春秋『悪の教典』、日本文芸社『ミナミの帝王』など 1620冊を追加
2012年 8月06日【コンテンツリリース】
 祥伝社『夏雪ランデブー』、ワニブックス『一騎当千』など 825冊を追加
2012年 8月03日【コンテンツリリース】
 『織田信奈の野望 6』『僕は友達が少ない8』など 552冊を追加
2012年 7月31日【コンテンツリリース】
 竹書房、フロンティアワークス、オークラ出版など 約2000冊を追加
2012年 7月26日【コンテンツリリース】
 富士見書房『これはゾンビですか?』など 509冊を追加

ニュースリリース:電子ブック楽天<kobo>



 しかし、いかんせん、このペースでは2012年末に20万冊の目標達成は難しい…。そう考えたのでしょうか、またもや大技を繰り出してきました。

 こちらは、「薄幸なkoboたんを見守る会」の@wakufactoryさんが作られた「koboストアの品揃えを見守るページ」で確認した2012年9月17日に追加された『書籍』一覧です。
 
Koboストア日本語書籍新着一覧


 ウィキペディア??
 
 実際の「書籍」紹介ページもすでにあるようです。
 
阿井景子 By: ウィキペディア - eBook - Kobo


 何かの拍子に消えてしまうといけないので、キャプチャーしてみました。あ、魚拓もこちらに。

 ちゃーんと表紙もありますね。さらに、ISBNコードもあります。これはやはり『書籍』…。



 それにしても、Wikipediaに載っている人名ページを一人ずつ『書籍』にするとは考えたものです。一人一冊、現時点で342人なので342冊!!しかも、この方法ならまだまだ追加できそうです。最終的にはいったい何『冊』になるのでしょう。
 
 なんてミラクルな技。
 
 これなら20万冊も夢ではありませんね。
 
 そのうち、ニュースリリースにも載るのかな?今から楽しみです。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。