reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
 少し前に、普通のおばあちゃんによるキリストの「修復画」の記事を書きました。

腹筋崩壊! 世界中の素人が「修復」したキリストのフレスコ画がおもしろい! : I believe in technology


 この記事の最後に「修復画」を元にした飴を取り上げさせていただいたのですが、なんと、この飴を作られた「まいあめ工房」さんから、くだんの飴をお譲りいただきました!
 
 
 
 その数、30個。ひとつひとつ丁寧に袋に入っています。
   
 私は記事の中で、「金太郎飴」などと申してしまいましたが、技術的には「組み飴」と言うそうです。詳しい工程が「まいあめができるまで」に書いてありますが、「飴で絵柄を組む」から「組み飴」なんですね。

まいあめができるまで|まいあめ工房見学|オリジナルキャンディー制作・組み飴製造のまいあめ工房


 前回もご紹介しましたが、「修復画」ができるまでの工程はこちらで確認できます。
 
例の「修復画像」を元に飴を作ってみた|オリジナル飴デザイン日誌|まいあめ工房


 デザイン起こし、パーツ設計、微妙な色合いを再現しながらパーツ成形、組み上げ、仕上げ…。多くの工程を経て、「組み飴」が作られるんですね。ここまでくると芸術です。
 
 
 我が家に届いた飴を見ると、ひとつひとつ表情が違っておもしろいです。



 
 どの飴にも共通しているのは「修復画」の残念さ加減。ここまで再現できるとはw
 
 修復画と比べてみると…。
 
 
 
 雰囲気そっくり!
  
 ちょっと勿体ないとは思ったのですが、私も記事にするからには食べてみませんと。
 
 いっただきま~す。


 
 き、切れない。飛んでっちゃった。 

 

 やはり飴にナイフとフォークは似合わない。指で行こう。パクっ。

 
 
 お味はコーヒー味でした。見た目同様味わい深いお味です。 

 途中で取り出して洗ってみました。


 
 さらに、残念感が増してます。

 
 それにしても、こういう遊び心っていいですよね。あの「修復画」を見て、「組み飴」にしてみようって考えて、実際にやってしまう。粋ですよね。
 
 でも、こういうところから新たな発見があったり、新しいアイディアへとつながっていったりすることもよくあったりしますから、遊び心って大事だと思うんですよね。 
 
 「まいあめ工房」さん、粋な「組み飴」をおゆずりいただいてありがとうございます!

 「まいあめ工房」さんでは、オリジナルの「組み飴」をオーダーメイドで注文できるそうです。ノベルティやギフトにいかがですか?
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。