--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012.09.04 19:08|カテゴリ:Security

1236万以上ものiPhone、iPadのIDが漏えい 原因はFBIのノートパソコン


 ハッカー集団AntiSecによると、FBIのノートパソコンをハックして、12,367,232台ものiPhone、iPadのUDIDが含まれたファイルを入手したとのこと。

AntiSec Hacks FBI Laptop, Leaks Over a Million iOS Device UDIDs - ParityNews.com: ...Because Technology Matters


 同ノートパソコンには、1236万7232ものiOSデバイスのリストが含まれた「NCFTA_iOS_devices_intel.csv」という名前のファイルがあったそうです。その中には、iOSデバイスに一意に割り振られたUDID、ユーザ名、デバイス名、アップルの通知サービスのトークン、郵便番号、携帯電話番号、住所などが含まれています。

 UDIDはユーザーが変更することはできない不変なIDです。そのため、個人をトラッキングできるなどの問題があり、アップルはiOS 5以降、アプリでの利用を禁止しています。

 そのうち一部の情報をAntiSecがインターネット上の複数のアップローダに放流しています。

 漏えいした数が数なので、私が所有するiOSデバイスの情報も漏えいしているかもしれないと思い、とりあえず放流されているファイルを入手しました。

 暗号化された上に圧縮されていたのですがその状態で66MB、復号し解凍したところ、テキストファイルで129MBもありました。



放流されているファイルはこんな感じ。UDIDとユーザ名、デバイス名らしきものが読み取れます。
iosleakfile01.jpg


 幸い、手元のiPhone 4SのUDIDはリストにはありませんでした。しかし、まだ家に帰れば、iPhone4が2台、初代iPad1台、iPad(3rd)1台、iPhone 3Gが1台あるので安心はできません。帰宅次第調べて報告したいと思います。


 しかし、なぜ、FBIがこんな情報を、それもこんなに大量に持っていたのでしょう?そちらも気になります。
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。