--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012.08.31 12:10|カテゴリ:海外ニュース

「あれ、カギかけたっけ?」からの開放 カギをかけたかどうか記憶する鍵




 サイクロン掃除機や羽のない扇風機で有名なダイソン社が、毎年、「日常の問題を解決する」というテーマで行っている「ジェームズ ダイソンアワード」というのをご存知でしょうか?

James Dyson Award | Jamesdysonaward.com


 この「ジェームズ ダイソンアワード」は、18か国の学生を対象に行われている国際デザインアワードで、創造性豊かで、チャレンジ精神、独創性に溢れた次世代を担う若いデザインエンジニアを育成することを目的としています。

 このたび、今年の国内最優秀賞、ならびに第一次(国内)審査通過作品6作品が決定したとのことで、その作品をこちらで見ることができます。(「Please choose your region」を「Japan」にしてください)

 「Keyhole」、「LATI~design for dogs and blinds~ 」、「ニンジャトラック」、「Water Support Bottle 」、「A-TUNE」、「キャタピー」

 アイディアもユニークなら、名前もユニークです。

 中でも素晴らしいのは、国内最優秀賞となった「Keyhole

 まずは動画を御覧ください。 


 わかります?動画でよくわからなかった方はこちらの詳しい説明を御覧ください。


キーホールはカギを閉めたかどうを記憶してくれるカギです。 カギをロックに入れると、上にあるラッチボタンが押されます。ラッチボタンはオンとオフ状態のあるボタンです、一回押せばそのポジションが変わり、もう一回押せばそのポジションが元に戻ります。そのボタンはピンに繋がっており、ピンの半分は赤、半分は緑です。カギの上に透明の隙間があります。その隙間から赤が表示される場合はカギはまだ掛かっていません。緑が見えればカギは閉まっています。ラッチボタンを使うことによって、このカギは自然にリセットされます。一回ロックに指せば緑に変わり、もう一回指すと赤に戻ります。



 なんということでしょう!

 長年私を苦しめ続けた「あれ、カギかけたっけ?」から解放してくれる夢の製品です。いったい、何度家に戻りカギを確認したことか。これはほしい。今すぐほしい。

 仕組みを見るとすごく単純なのに、なぜ今まで誰も思いつかなかったんでしょう??

 もうアワードなんてほっといて、はやいとこ製品化してくれませんかねぇ?

 あと、ついでにもうひとつ。

 「あれ、ガスの元栓閉めたっけ?」を解決する製品もぜひお願いします。

 この2つで何度家に戻ったことか…。



よかったら、RSS登録していただけるとうれしいです。
   ↓

 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。