--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012.08.21 20:16|カテゴリ:Security

子どもを守ろう!『安全に』インターネットを利用させるための4つのWebフィルタリング手法


 先日書いたこちらの記事。

我が家はそんなに甘くない 「10 代の若者が親を欺く10 の手口」がほとんど通用しない件 : I believe in technology

 
 この記事に書いたように、子どものインターネット利用に何らかの制限を加えるためには、「ネットワークをおさえる」ことがポイントです。
 
 ただし、上記記事でご紹介した、Proxyサーバの設置および運用はある程度ネットワークに関する知識が必要であまり一般的ではありません。
 
 そこで、今回はもう少し手軽な方法をご紹介します。主な方法は3つ。
 
■ブロードバンドルータに付属するWebフィルタリングサービスを利用する

 代表的なところではBuffalo製ブロードバンドルータについてくる「i-フィルター for Buffalo」やNEC製ブロードバンドルータについてくる「インターネット悪質サイトブロックサービス」があります。どちらも60日間無料で試せます。ブロードバンドルータでフィルタリングするので、PC側に難しい設定は不要です。また、上記方法同様、つなぐ機器を選びません。
 




 お使いのブロードバンドルータが、BuffaloやNEC製ならマニュアルと一緒に期間限定で無料利用できる申し込み用紙が入っているはずです。

 
■プロバイダのWebフィルタリングサービスを利用する

 Biglobe、フレッツ光、So-net、@niftyなどプロバイダが提供しているサービスを利用するという手もあります。ただし、こちらは接続する機器の台数によっては追加料金が発生する場合があります。
BIGLOBE Webフィルタリングサービス



便利な「URLフィルタリング」|イチオシ☆|フレッツ光公式|NTT西日本


  こちらは契約しているプロバイダのホームページから契約が可能です。サービス内容は各ホームページでご確認ください。


■ウイルス対策ソフトウェアのWebフィルタリング機能を利用する

 最近では、ウイルス対策ソフトウェアにもWebフィルタリング機能が搭載されているものがあります。

 以下の製品がサポートしているようです。



 使ったことがあるわけではないので、カタログベースで確認したレベルになりますが、この製品には、子供が閲覧するWebサイト、インターネットの使用時間を管理する「保護者機能」というのがあるようです。しかも、PC、Macからスマートフォン、タブレットまで様々な端末のセキュリティ対策をまとめて行えるというメリットがあります。その割には安いなという印象です。

 お使いのウイルス対策ソフトウェアがWebフィルタリング機能をサポートしていれば、それをオンにするだけです。また、まだウイルス対策ソフトウェアを導入していないのであれば、この機会にWebフィルタリング機能をサポートしている製品を購入するというのもありでしょう。


■専用ソフトをインストールする

 使用するPCが1台の場合は、専用ソフトをインストールしてもいいかもしれません。

 
 Webフィルタリングソフトと言えば、まず最初に「i-フィルター」があがるくらい有名な製品です。Buffalo製ブロードバンドルータについてくる「i-フィルター for Buffalo」はこの製品のバンドル版です。すでに、ウイルス対策ソフトウェアを使っている方なら、これを追加するという方法もあります。


■まとめ

 このように、Webフィルタリングといっても実現方法は様々です。現在のインターネット利用環境に合わせて、選択されるといいでしょう。

 先日書いたように私は自前でこの仕組みを構築しているので、今回紹介した製品やサービスについては、各ベンダーのホームページで内容を確認した程度です。もし、実際に導入される場合には、ご自分で確認するようにしてください。
 

 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。