--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012.08.19 07:59|カテゴリ:Security

我が家はそんなに甘くない 「10 代の若者が親を欺く10 の手口」がほとんど通用しない件


 セキュリティベンダーMcAfeeが先日「10 代の若者のオンライン活動実態調査」を発表しました。

マカフィー株式会社--10 代の若者のオンライン活動実態調査--



 2012 年における米国の10 代の若者が対象なので、日本の若者にそのまま当てはまるかどうかは不明ですが、さほど変わりはないでしょう。その手口とは以下の10個です。
 
1.ブラウザーの履歴を消去する(53%)
2.親が部屋に入ってきたときにブラウザーを閉じる、または最小化する(46%)
3.インスタントメッセンジャーや動画を非表示、または削除する(34%)
4.嘘をつく、または詳細を伝えない(23%)
5.親が調べないコンピューターを使う(23%)
6.インターネットを利用できるモバイルデバイスを使う(21%)
7.プライバシー設定を使用して、友人以外は特定のコンテンツを表示できないようにする(20%)
8.プライベートブラウジングモードを使う(20%)
9.親に知らせない秘密のメールアドレスを作る(15%)
10.ソーシャルネットワーク専用に架空の、または偽のプロフィールを作る(9%)

 いずれも、自分のオンライン活動(主にインターネットの利用)を親に隠したいがための手口だと思われますが、これらを見て、10代のお子さんを持つ親御さんはどう思われますか?
 
 上記10個の手口を使われた場合、やはり欺かれてしまうのでしょうか?
 
 これは、我が家の場合ですが、この10個の手口を使ったとしても、親を欺くことはかなり困難です。
 

 なぜ、この10個の手口が通用しないのか?今回は、その点について説明したいと思います。
 
 なお、今回ご紹介する方法は、一般家庭ではやや困難かもしれません。これについては、別途、もっと手軽な方法を別の記事として書くつもりです。
 
 では、早速ご紹介しましょう。
 

■まずはネットワークをおさえる
 通常、家庭でのインターネット接続は、FTTH(いわゆる光)やADSL、ケーブルインターネットを利用しているのが一般的かと思います。これらを複数のPCやモバイルデバイスで利用する場合、以下のようなブロードバンドルータを使うことが多いと思いますが、我が家ではこのブロードバンドルータの手前(論理的に)に設置したProxyサーバ経由でインターネットへアクセスするように設定しており、その両者でアクセス制限をかけています。




■PCは制限アカウントを使用させる
 我が家では子ども専用のPCがあり、子どもたちそれぞれに制限アカウントを割り当てています。これにより、アプリケーションのインストールおよびネットワーク周りの設定を制限しています。また、BIOSおよび管理者アカウントのパスワードは子どもたちにはわからないようなものを設定し、秘密にしています。


■ProxyサーバによるWebフィルタリング
 この2つの設定により、子どもたちのインターネットの利用はかなりコントロールすることができます。先の10個の手口のうち、1,2,3,8については事実上意味をなさないでしょう。インターネット利用時には、必ずブロードバンドルータとProxyサーバを通ります。ブロードバンドルータでは最低限のアクセス制限を、Proxyサーバではすべてのアクセスをログに取るとともに、Webフィルタリングをかけています。Webフィルタリングではブラックリストにより悪質なサイトに接続できなくしています。仮にブラックリストに載っていない悪質サイトにアクセスしても、Proxyサーバのログに残るので、後から追加することで対処できます。

 


■モバイルデバイスおよびその他のコンピュータ
 子どもたちは、iPhoneとiPadを使わせています。このうち、3G回線で利用可能なのはiPhoneだけです。しかし、iPhoneに関してはモバイル通信をオフにしています。スマートフォンを欲しがった時に、Wi-Fiでの通信以外は使わせないことを条件に契約しています。学割での契約なのでパケット未使用時は0円です。いざというときのために、モバイル通信はオンにできるようにしていますが、今のところ一度も請求がきたことがないので、勝手に使っているということはありません。また、自宅でのWi-Fi利用は先に紹介したProxyサーバ経由なので制限がかかります。
 
iPhone4機種変が一括0円!! タダで娘のガラケーをiPhone4にしてきました : I believe in technology


こ、これがデジタルネイティブの力か… 娘のiPadの使い方 : I believe in technology


 これで、「 6.インターネットを利用できるモバイルデバイスを使う」も通用しません。

 また、「5.親が調べないコンピューターを使う」については、自宅で私の管理下にないコンピュータを隠し通すことはまず不可能ですし、仮に隠せたとしてもブロードバンドルータにはMACアドレスフィルタリングをかけておりますし、無線に利用している暗号化のパスワードがわからないため、接続そのものができません。有線のポートはすべてふさがっています。




■その他
 以下の2つについては、主にSNS系のWebサイト利用時の手口だと思われますが、現状、ProxyのログからSNS系サイトへのアクセスは皆無です。将来的にどうするかは今度考える必要があるでしょう。 
7.プライバシー設定を使用して、友人以外は特定のコンテンツを表示できないようにする
10.ソーシャルネットワーク専用に架空の、または偽のプロフィールを作る



■最後に
 とまあ、こんな感じで我が家では「10 代の若者が親を欺く10 の手口」がほとんど通用しません。
 
 ここまで紹介してきたのはいずれも技術的な対策ですが、実はこれらは、あくまでも保険的に設定しているだけでさほど重要な対策ではありません。実際、私のコントロール外の機器(例えば友人のPCやWi-Fiスポットなど)を使えば一部回避可能ですからね。
 

 我が家では技術面だけの対策だけでなく、人的な対策を行なっています。具体的には教育です。おそらく、これがもっとも重要な対策だと思います。

 
 内容としてはそう大したものではありません。子どもたちを取り巻く各種危険やインターネットにまつわるさまざまな事件等をきちんと説明しています。時々、本ブログで登場する事件についても、もう少し噛み砕いて説明しています。そして、それらにより子どもたちが被害に合わないことを前提として、インターネットやスマートフォンの利用を制限していることを伝えています。それがあるため、子どもたちは不用意な行為を行わないのだと思います。
 
 つまり、これが最後の2つへの対策です。 
4.嘘をつく、または詳細を伝えない
9.親に知らせない秘密のメールアドレスを作る


「Facebook」を装った「Faceboook」からのメールに気をつけろ! : I believe in technology


あなたはスマフォのスクリーンロックを設定していますか? : I believe in technology





 むろん、インターネットの利用において、親に嘘をつくことはあるでしょう。でも、それらは我が家の倫理観に照らして、必ずしも悪ではないはずです。せいぜい、エロサイトを見たいとか、彼氏彼女と内緒話をしたいとかいったレベルだと信じています。 

 年頃になってくると、親によるコントロールがうざったく感じられることでしょう。しかし、自宅のインターネット回線やスマートフォンの契約はいずれも私のものです。そうである以上、私がコントロールするのは当然です。それに不満があるなら、アルバイトや働けるようになった時に自分で回線契約するか、私の設定をかいくぐれと言っています。前者はそのような年齢になれば、そもそも庇護の対象外でしょうし、後者にいたっては……。一般的な家庭の親より、かいくぐるのは難しいでしょうwww。
 
 それに、年齢が進むに連れ現在の制限は緩和するつもりでいます。我が家の子どもたちだけ時代に取り残させるわけにはいきませんから。
 
 ただし、それは子どもたちの心の成長と情報リテラシの向上とともに進めていきます。インターネット上には悪意に満ちたコンテンツや有害なコンテンツがたくさんあります。これらに対し、適切な対応ができるようにするのも親の務めだと考えます。
 
 家庭での情報リテラシ教育については、またいつか、記事として紹介するつもりです。
 
 
 以上が、我が家での場合です。皆さんのご家庭では、お子さんにどのようにインターネットを使わせていますか?


本記事の続きです!
子どもを守ろう!『安全に』インターネットを利用させるための4つのWebフィルタリング手法 : I believe in technology



 

 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。