--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2011.11.22 10:00|カテゴリ:国内ニュース

津波がきても浮かんで耐える強い家、サッカーボール型住居『バリア』


※この記事は2011年11月22日にデジタルマガジンに寄稿したものです。

 3月11日の東北地方太平洋沖地震で起きた津波によって、岩手県、宮城県、福島県、そして茨城県などの太平洋沿岸地域では大きな被害が出ました。

 その様子はテレビでも生中継され、同じように海や河口近くにお住まいの方の中には、住宅が流されていく衝撃的な映像を見て不安に感じていらっしゃる方も多いと思います。

 そんな状況を受けてか、津波に強いというサッカーボール型住居『バリア』が注目を集めているそうです。


 岐阜県山県市の「キミドリ建築」(恩田久義代表)が製造しているサッカーボール型水害シェルター住宅「バリア」が東日本大震災後、注目を集めている。洪水や津波の際は水に浮かんで難を逃れるという。【梶原遊】  

 五角形の鉄パネル12枚と六角形のパネル20枚を組み合わせてサッカーボールと同じ「切頂二十面体」とし、力が分散されるため、衝撃に強い。五角形部分を黒く塗るとまさに巨大なサッカーボールになる。下部に重い部材などを配し、水に浮かべてもバランスが保たれる。水に浮かべる実験を繰り返し耐水性も確認してあるという。

 住宅:サッカーボール型を開発 洪水や津波を浮かんで回避 - 毎日jp(毎日新聞)



 上記記事では今ひとつわからなかったので、キミドリ建築さんの公式サイトを見てみました。




(出典:キミドリ建築)

 サッカーボール型住宅【バリア】・木造住宅・鉄骨住宅・移動式住宅・ローコスト住宅・キミドリ建築

 家のかたちは本当にサッカーボールみたいですね。白と黒のペンキで色を塗ったら完璧です。

 キミドリ建築さんのウェブサイトでは、このバリアについて以下のように説明されています。


 サッカーボール型住宅バリアってなに?

 バリアとは、自社が独自で開発(国際特許出願中)したサッカーボール型住居です。子供の頃に遊んだサッカーボールが、夢のように大きく膨らんで、人の住める家となって、今ここに誕生致しました。海にも浮かび、救助船にもなるこのバリア。それは、夢をあきらめない人への贈り物になると、私達は考えています。

 サッカーボール型住宅【バリア】・木造住宅・鉄骨住宅・移動式住宅・ローコスト住宅・キミドリ建築



 「夢をあきらめない人への贈り物」って言葉、なんか素敵ですね。

 さらにキミドリ建築さんではバリアについて、以下のような使い道まで提案されています。



 まあ一般住宅にして住むのはなかなか難しいと思いますが、こういうお店やキャンプ施設があったらためしに入ってみたいですね。

 津波が気になる方、ちょっと変わったお店を作ろうとしている方は思い切って購入しませんか?



 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。