reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
※この記事は2011年10月19日にデジタルマガジンに寄稿したものです。

 NHKニュースによると、重さの単位『キログラム』を定義するための国際的な基準が120年ぶりに見直されるとのことです。



 重さの単位「キログラム」を定義する国際的な基準が、17日からフランスのパリで行われる国際会議で、およそ120年ぶりに見直される見通しとなり、日本の最先端の研究に基づいた新たな基準が検討されることになっています。

 キログラム 120年ぶり見直しへ NHKニュース



 現在、1キログラムの定義は国際度量衡局に保管されている“国際キログラム原器の質量”となっています。

 ところがこの国際キログラム原器、人工物なものですから表面吸着などの影響により年々増加してしまうらしいんですね。

 Wikipediaを見てみると……



 国際キログラム原器の質量は、表面吸着などの影響により年々増加しており、その量は年に0.1μg程度と見られている。1980年代に42年ぶりに国際キログラム原器の洗浄が行われたが、これにより国際キログラム原器の質量は約60μg減少した。

 キログラム - Wikipedia



 とのこと。洗うと軽くなるんですね。しかも、



 2007年9月、国際キログラム原器が50μg軽くなっている事が判明した。“50μg”とは指紋が付いた分に相当するという。同時に作られた複製品には異常がなく、また厳重保管されているのに、なぜこのような状態になったかは未だに不明。

 キログラム - Wikipedia



 とあるように、原因不明で軽くなってしまうこともあるようです。

 NHKニュースの記事では、日本が進める最先端の研究に基づいた物体の原子の数から重さを決める方法などが新たな基準として検討されるとのこと。

 キログラムの定義が変わったところで体重が重くなったり軽くなったりするわけではありませんが、日本の研究がこういうところでも役に立つのはうれしいものですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。