【高額キャッシュバック・ゲット編】auのWiMAX対応Androidが投げ売りだったので買ってきた

 昨日のエントリでは、比較的新しい機種がMNPなら一括0円で契約可能であることまで説明しました。この一括0円、地方でも探せばあるのですが、条件的にはこれが限界であることがほとんどです。
 
 しかし、東京を中心とした関東一円をはじめ、一部地域では一括0円に加え、さらに高額なキャッシュバックがつくケースがあります。

 今回、1月末に東京に行く予定があったため、私はこのタイミングで契約することにしました。
 
 このキャッシュバック。販売店によってかなり開きがあります。
 




 自由に動けるのは1/29の午後のみ。店舗が閉まる時間を考えると、時間は7,8時間しかありません。効率的に探すには、事前の情報収集が欠かせません。そこで、利用したのが1年前に書いた以下の記事同様、2chやTwitterです。
 
月額8円で運用可能 Android携帯『IS01』が一括0円 : I believe in technology


 まずは1週間ほど前から2chで事前リサーチ。

 auでMNPならここ。(以下は執筆時点での最新スレ。2chのスレなのでDAT落ちしているかもしれません。)
 
 【東日本】auシンプルコース一括安売情報 Part116

【東日本】auシンプルコース一括安売情報 Part116







 ちなみに、西日本地区ならこちら。
 
 【西日本】auシンプルコース 一括安売り情報 Part59
 
【西日本】auシンプルコース 一括安売り情報 Part59






 スレを見ることで、大体の相場感がつかめます。これ重要です。なにせ玉石混交の2ch。有益な情報ばかりじゃありません。中には嘘も混じっています。あまりにも相場と異なる高額な情報は、疑ってかかった方がいいでしょう。
 
 2chでは「まずは半年ROMれ」などとよく言われますが、これはまさにその通り。携帯電話の契約は各社かなり複雑化しているので理解するだけでも骨が折れますが、ある程度、読みこんでいくとわかってきます。また、有益な情報と嘘情報の違いも自ずとわかってくるようになります。私は、Softbankの不要回線ができた昨年末あたりから、ROMってました。

 その結果、1月のキャッシュバック金額はほとんどが25,000円〜35,000円。たまに40,000円〜45,000円があるということがわかりました。ただし、キャッシュバック額が高い場合は、photo-u2の契約が必須などなんらかの条件付きであるのがほとんどでした。また、キャッシュバックの大半が3月中旬以降の店頭渡し。これは3月に東京に行くかどうかわからない私には最大のネックでした。
 
 このように、2chはすでに購入した人や実際に確認した第三者が確認した情報をチェックするの適しています。
  
 しかし、その一方で2chはどうしてもリアルタイム性に欠けます。

 そこで前日からはTwitterによるリサーチも加えます。今回は機種が決まっているのでハッシュタグを使いました。
 
 
#EVO3D

 どうやら、かなりいい条件が出ていたようです。一括0円に加え、35,000円〜45,000円キャッシュバックの店がごろごろ見つかります。埼玉県北部などちょっと行くには遠い場所であれば、最高70,000円なんていうお店もありました。
  
 基本的にどれも2年縛りが最低条件。EVO 3Dの場合は、毎月最低1,864円かかるため、総額では44,736円の維持費がかかることになります。この時点で目標を45,000円以上に定めました。

 そして当日。
 
 この日は朝から40,000円オーバーのキャッシュバックがたくさん見つかります。通常、好条件は月末、期末、年末、年度末に出現する傾向にありますが、折しもこの日は1月最後の週末。どうやらどの店も気合十分なようです。
 
 ただし、キャッシュバックは事前調査のとおり、大半が3月中旬以降に店頭渡しで行われるとのこと。店への再訪が必要です。これはどうにかしたい。
 
 そこで、電話で現金振込なり商品券郵送なり対応してもらえないか交渉。3店舗目で手数料1,000円かかるけど商品券の発送に対応可能との回答を得て、ほぼそこに決めかけていたところ……。
 
 あるツイートが飛び込んできました。
 
 一括0円+55,000円(現金振込)
 
 現金振込です。しかも、行ける範囲内でもっとも高額なキャッシュバック。
 
 速攻で電話したところ、以下の条件があるとのこと。
 
  現金振込後に解約可能なDATA08Wを契約すること。

 その場で最短解約までにかかる費用を確認すると、約6,000円。
 
 数少ない振り込みによるキャッシュバックであること、実質49,000円が得られること、また、この時点でだんだんEVO 3Dの販売終了が出始めていたことから、この店で購入することにしました。
 
 当日、Twitterで各店舗の動きを見ながら、決定までに要した時間は1時間。その後、羽田空港から店舗への移動、MNP転出手続き、au側の契約完了までに1時間。その後、月末でau側のシステムが込み合っていたため、2時間ほど時間を潰す必要がありましたが、およそ4時間で我が手元にEVO 3D(抱き合わせのDATA08Wつき)が。
 
 事前リサーチのおかげで、とてもスムーズに契約に至ることができたと思います。
 
 これが、今回、私がEVO 3Dを『一括0円+高額キャッシュバック』で契約するまでの経緯です。
 
 もし、普通に地元の家電量販店で契約していれば、一括0円のみだったことを考えると、かなりいい条件で目的のEVO 3Dを入手することができました。
 
 1ヶ月分、Softbankの携帯料金を余分に払うことになりましたが、それでも欲しかった新しいAndroidが維持費も含めてほぼ無料で手に入ったのですから、十分満足です。

 いかがでしょうか?
 
 後日、同じEVO 3Dを使っている人が職場にいたので聞いてみたところ、機種代として結構な金額を払っていることがわかりました。タイミングにもよりますし、手間もかかるので一概にどっちがいいとは言えませんが、うまく工夫すればコストを抑えて入手することができるわけです。

 私も久しぶりだったので、リサーチ時点では携帯各社の契約体系や販売システムに戸惑いましたが、やはりリサーチは重要だとあらためて思いました。また、これは私だけかもしれませんが、リサーチ中はとっても楽しかったですね。
 
 スマートフォンの契約を考えていらっしゃる方で手間を惜しまない方には、事前リサーチをおすすめしたいと思います。前回と今回のエントリがそのお役に立てれば幸いです。

 なお、前回のエントリで、「続きが気になる」というコメントをTwitterでたくさんいただいたことから、今回はひとまず契約完了までの流れをご説明しました。しかし、実は契約直前に予想外の展開があり、結果的に月々の支払額をさらに下げることができました。キャッシュバックで2年間の維持費を賄うどころか、ちょっとしたおこづかいまでもらえることになります。
 
 次回は、契約内容についてまとめたいと思います。


 続きは以下で!
【完結編】月額1,079円で契約 auのWiMAX対応Androidが投げ売りだったので買ってきた : I believe in technology




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


               

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>