--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2012.07.02 21:14|カテゴリ:Security

【タイムリミットは7/9】「DNS Changer」に感染しているとインターネットが使えなくなります


こちらの記事でも警告されていますが、いよいよブラックアウトまで1週間を切りました。

7月9日からネットが使えない“ブラックアウト”に--30万台以上がいまだ感染 - ZDNet Japan


 対象となるのは、「DNS Changer」と呼ばれるマルウェアに感染しているPCおよびMacです。

 「DNS Changer」は感染したPCのDNSサーバー設定を、不正に構築されたDNSサーバーを参照するよう書き換えてしまいます。これにより、利用者が本来アクセスしたいサイトに接続しようとしても、自動的に不正なサイトに誘導されてしまうことになります。

 「DNS Changer」を利用していた犯罪グループはすでにFBIにより摘発されており、犯罪グループが運用されていた不正なDNSサーバーも撤去されています。しかし、そのままだと感染したPCがインターネットに接続できなくなる可能性があることから、FBIの指示により暫定的にクリーンなDNSサーバーを設置して運用していました。

 7/9というのは、実はこの暫定的に設置されたDNSサーバの運用終了日です。そのため、7/9以降になると、「DNS Changer」に感染しているPCは参照すべきDNSサーバがなくなり、結果としてインターネット上の各種サービスを受けることができなくなります。

 まずは、以下の方法で「DNS Changer」感染の有無を確認しましょう。

JPCERT コーディネーションセンター DNS Changer マルウエア感染確認サイト

 以下のように表示されたら感染していません。

20120702160342.jpg


 もし、感染していたら、ウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新にして、システム全体のスキャンを行うか、以下のウイルス対策ソフトウエアベンダが「DNS Changer」の駆除ツール(他のマルウェア駆除も含む)を使うといいでしょう。

ルートキット駆除ユーティリティ TDSSkiller

Windows Defender Offline とは

Norton Power Eraser | Free Tool |Easily remove scamware that traditional virus scanning can’t detect

Trend Micro HouseCall | トレンドマイクロ提供フリーツール : トレンドマイクロ

 いずれにせよ、日ごろからのウイルス対策が重要です。ウイルス対策ソフトをインストールしていない方、更新期限が切れて新しいウイルスに対応できていない方はこの機会に導入を検討した方がよいかもしれません。

 



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。