reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

 WIRED NEWSによると、大手コンピュータメーカーIBM社ではiPhoneの音声認識アシスタントである『Siri』の使用が禁止されているとのこと。

IBMが『Siri』を禁止:社内情報漏洩を懸念 « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム
IBM社は『Siri』の使用を全面的に禁止している。電子メールなど社内の詳細な情報がすべてApple社に保存されることを懸念してのことだ。


ビックカメラ.com

 ご存知の方も多いと思いますが、『Siri』はiPhone単体のシステムではありません。実際の処理はApple社のサーバ上で行われます。
 
 つまり、あなたが 『Siri』に話しかけるとその音声はインターネットを介してノースカロライナ州メイデンにあるApple社のデータセンターに送られ、そこであなたの音声が解析され、妥当な回答を返信しているのです。そのため、利用には3G回線や無線LANによるインターネットへの接続が必要となっています。
 
 IBM社が問題視しているのは、このデータセンター上での音声データの取り扱われ方です。


Apple社の『iPhone Software License Agreement』(iPhoneソフトウェア使用許諾契約)には次のように書かれている。「Siriまたは『Dictation』を使用すると、話した内容はApple社に送信され、テキストに変換されて記録される」

こうした情報をApple社がどれくらいの期間にわたって保存し、誰が見ることになるかは不明だ。使用許諾契約はさらにこう述べている。「利用者はSiriまたはDictationの使用によって、Apple社とその子会社および代理業者が、利用者の音声入力とユーザーデータを含むこの情報を、Siri、Dictation、およびその他のApple社製品およびサービスの提供や改良を目的に、転送・収集・保守・処理・使用することに、同意・承諾したものとする」
IBMが『Siri』を禁止:社内情報漏洩を懸念



 社員が誰かにメールを出すために、ついいつものように『Siri』を使い、うかつにも機密を話しかけてしまったら……。

ビジネス分野で競合するAppleにみすみす情報を渡すことになりかねないわけです。IBM社の心配もあながち取り越し苦労ではないかもしれません。
 
 IT企業にお勤めの方は『Siri』に話す内容について、ちょっと考えたほうがいいかもしれません。
 
 やはり、『Siri』たんにはこれくらいくだらないことを話しかけるくらいにした方がよさそうです。

成功者求む! 何度やってもSiriに認識してもらえないある言葉 #sirinipamyu : I believe in technology


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。