2016.10.05 22:00|カテゴリ:Security

Yahooアカウントを削除せよ! メール内容のスキャニング報道を受けスノーデン氏が警告


 ロイターによると、米国のYahoo!が昨年、米国家安全保障局(NSA)もしくは連邦捜査局(FBI)の要請により、メールおよび添付ファイル内をスキャンし、特定の文字をサーチしていたことが明らかになりました。


米ヤフー(YHOO.O)が昨年、米情報機関からの要請を受けてヤフーメールのユーザーのすべての受信メールをスキャンしていたことが、関係筋の話から明らかになった。
ヤフーが全受信メールを監視、米情報機関の要請で=関係筋 | ロイター


 
 どのような文字をサーチし、どのようなデータがNSAもしくはFBIに渡されたのかは不明です。また、米Yahoo以外の企業にも同様の要請が行われていたかどうかも不明です。
 
 この件で、真っ先に思い浮かんだのが、米国情報機関による大規模な通信傍受に関する機密を暴露したスノーデン氏。
 
暴露:スノーデンが私に託したファイル
グレン・グリーンウォルド
新潮社
売り上げランキング: 6,730



 このニュースが報じられた後、スノーデン氏が以下のようにツイートしていました。




 「Yahooを使ってますか?彼らはあなたが今までに書いた内容を密かにスキャンしていました。これは法律が求めるものをはるかに上回る行為です。」
 
 報道後、米Yahoo!は「ヤフーは米国の法律を順守している」という声明を公表、それ以上のコメントを差し控えていることからも、どうやら今回の米情報機関の監視行為に米Yahoo!が協力していたのは間違いなさそうです。
 
 
 我々日本人にとっては、日本のYahooメールも同様にスキャンされ、米国情報機関に情報が渡されているかどうかが気になるところですが、現時点では何も発表されていません。一応、米国Yahoo!と日本のYahoo! Japanを運営しているヤフー株式会社は別会社ではありますが、どうなんでしょうね。

----------【2016.10.5 22:28追記】----------

 失礼しました。Yahoo!Japanの公式Twitterがメール監視についてコメントしていました。


----------追記ここまで----------
 
 そもそも、スノーデン氏はインターネット上のほとんどの情報のやり取りすら傍受されているという暴露をしていますし、インターネットを使用している以上は、米国情報機関の(そしておそらくは日本を含む複数の国の情報機関の)監視を免れることはできないのかもしれません。
 
 
 現在、日本では映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』が一部で公開中です。もともと上映映画館が全国で11館しかない上、上映期間も短いため、なかなか見るのは難しいですが、気になる方は頑張って出かけて映画を見るか、スノーデン氏の暴露内容を取り上げた書籍を読んでみてはいかがでしょうか?
 


暴露:スノーデンが私に託したファイル
グレン・グリーンウォルド
新潮社
売り上げランキング: 6,730

 

検索フォーム
スポンサードリンク
国産、おサイフ、防水、SIMフリーならこれ!
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。