2016.03.09 07:00|カテゴリ:Security

Samsung と Huawei の指紋認証装置はインクジェットプリンタで突破可能


 SamsungとHuaweiの指紋認証装置は、一般的なインクジェットプリンタを用いることで突破が可能であることをミシガン州立大学の研究者が公表しました。
 
 以下がその様子を紹介する動画です。
 


 動画には、指紋をスキャンし、導電性銀イオンという特殊なインクと用紙を搭載したインクジェットプリンタで印刷したものを用いて、Samsung製のGalaxy S6とHuawei製のhonor 7の指紋認証装置を突破している様子が映し出されています。

 この方法を用いることで、多くのスマートフォンの指紋認証装置が突破できるだろうと考えられています。

 先日も、モバイルセキュリティ企業Vkanseeが、Play-Dohという小麦粘土を使うことでiPhone の指紋認証装置 Touch IDを突破する様子を動画で公開するなど、現状のスマートフォンの指紋認証装置は複製された指紋により突破される危険性があります。
 

via GIPHY




 いずれの手法も、攻撃者が自由にターゲットのスマートフォンを操作できる状態でなければいけませんし、なによりターゲットの指紋をスキャンしたり、粘土に押し付けたりする必要がありますから、被害にあうリスクはそう高くはないかもしれません。
 
 でも、油断は禁物です。
 
 睡眠が深い人は特に気をつけたほうがいいかもしれません。
 
 寝ている間に、身近な誰かに指紋をスキャンされたり、粘土に押し付けられていたりして、気づかぬうちにいつでも突破可能な状態になっていたら……。こわっ。
 
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。