--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2016.01.09 07:00|カテゴリ:Security

ググればわかる! 早稲田アカデミー夏合宿で生徒340人分のスマホ、財布が盗まれた「志賀高原のホテル」でまたもや大量の財布が盗まれる


 昨年8月、大手学習塾「早稲田アカデミー」の夏期合宿に参加した生徒約340人分のスマートフォン、財布が盗まれるという事件が起こった志賀高原にあるホテルでまたもや財布などの貴重品が盗まれる事件が発生しました。
 

長野県警中野署は8日、同県山ノ内町の志賀高原にあるホテルで、スキー合宿をしている川崎市内の私立高校の2年生女子約170人分の財布など貴重品が盗まれたと発表した。現金の被害は約80万円。同じホテルで昨年8月にも進学塾「早稲田アカデミー」(東京)主催の夏合宿に参加した中学生約340人の財布などが盗まれており、署は連続窃盗事件の可能性もあるとみて調べている。
高校生170人の財布盗まれる 志賀高原のホテル、昨夏も窃盗事件:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)



 今回盗まれたのは、川崎市内の私立高校2年生女子約170名分の財布などで、現金の被害は約80万円とのこと。「財布などの貴重品」とあるので、現金以外の被害もありそうです。
 
 実際、早稲田アカデミーの時は、財布316人分以外に携帯電話118台や音楽プレーヤー・SUICA・PASMO等が盗まれていたようです。


このホテルには、男子生徒 34 3 名が宿泊しており、このうち 3 25 名から、貴重品をお預 かりしました。貴重品の内訳は、お財布 316 人分、携帯電話 1 1 8 台、その他 (音楽プレー ヤー・ Suica ・ PASMO 等)でした。
平成11年9月3日 - release_20150814.pdf




 それにしても、同じホテルで5ヶ月間に2度も同じような盗難事件が発生するとは困ったものです。塾や学校に責任の大半はありますが、ホテルの防犯体制にも問題があるのではないでしょうか?前回の事件後、防犯を強化するなど対策は十分に行っていたのでしょうか?
 
 気になるのは「どのホテルか」という点ですが、なぜかマスコミや今回被害を受けた高校、前回被害を受けた早稲田アカデミーのいずれもホテル名を明らかにしないため、「志賀高原にあるホテル」という情報しか表立っては出ていません。まあ、ググればすぐにわかるのですが、こんな事件を短期間に2度も起こすホテルには泊まりたくないものです。
 
 志賀高原にあるホテル 早稲田アカデミー 盗難 - Google 検索
 
 
 私は出張でホテルを利用する機会が多いのですが、宿泊先を決める際はホテル名で検索したり、レビューサイトで評判を調べたりします。当然、評判のよくないホテルには泊まりませんが、今回被害にあった高校では事前にそのような調査はしなかったのでしょうか?
 
 たとえば、宿泊先を決定する前に「そのホテル名」でググってさえいれば、以下のように表示されるのですぐに気づいたはずなんですよね。
 
sunny-shiga.jpg
 

 大人であれば自己責任で貴重品の管理が可能ですが、学校行事では、生徒の貴重品は原則学校側が管理することになっているケースが多いようです。学校(引率の教師)の管理体制やホテルの防犯が杜撰だと同じような被害がまた起こる可能性があります。

 私の子どもが通う学校でもスキー合宿があるようなので、事前説明会では貴重品の管理体制の確認をするとともに、ホテル名が分かり次第、評判などを調べるようにしたいと思います。
 
 
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。