--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2015.12.26 18:00|カテゴリ:国内ニュース

生臭坊主を駆逐してくれるかもしれない Amazon の「お坊さん便」に期待


 Amazon が法事などで読経する僧侶を手配する「お坊さん便」を開始したことを受け、全日本仏教会が「宗教行為をサービスとして商品にしている」と批判している。
 

インターネット通販大手アマゾンジャパンのサイトで、法事・法要で読経する僧侶を手配するサービス「お坊さん便」が始まったことを受け、全日本仏教会(東京都港区)の斎藤明聖理事長は24日、「宗教行為をサービスとして商品にしている」と批判する談話を発表した。
アマゾンお坊さん便:仏教会が批判「宗教行為商品にした」 - 毎日新聞



 「全日本仏教会」がどういう組織なのかは知らないが、少なくとも私がこれまで接したことがある生臭坊主どもを駆逐してくれるのではないかと期待してしまうサービスだ。



 
 私個人は無宗教なので自分自身から望んで生臭坊主に接する機会はないが、親戚が開催する法事に参加した際に接したことがある僧侶は以下のように一社会人としても問題がある人間でしかなかった。

 ・法事の日程を自分の都合に合わせ直前に変更させる
 ・待機所として個室を要求、そのくせ遅刻してきて使わない
 ・遅れてきたくせに、次がつかえているからと時間を短縮し帰る
 ・自分用の弁当と来客用の弁当に差をつけるよう要求
 ・戒名は最低110万以上持って来いと告げる
 
 「宗教行為をサービスとして商品にしている」のはそもそもこいつら生臭坊主なのだが、「全日本仏教会」とやらに属している僧侶はさぞかし立派なのだろう。

  
 Amazonによる「お坊さん便」は、実はもともと「みんれび」が提供しているサービスだ。Amazonを介さなくとも直接申し込むことができ、全国一律35000円という定額料金で法事・法要への僧侶手配を行ってくれる。
 
法事・法要のお布施3.5万円 定額僧侶手配・紹介ならお坊さん便


 
 
 戒名も20,000円からで、最大でも20万円とリーズナブルだ。なにより、料金が明快なところが素晴らしい。

kaimyou.jpg
 
 
 それに引き換え、生臭坊主どもはどうだろう?
 
 「お気持ちで」といいながらも、相場がある。相場は葬儀場などに聞くとわかるようになっている。前述のように坊主自ら最低価格を告げてくるケースもある。また、「最低110万以上」のように明確な価格を示さないことで、「最低金額ではあんまりだから」といったような思いを相手にいだかせ、自発的により高い費用を払わせる詐欺的な手法がまかり通っている。

 さらに、このようにして宗教法人が得た収入は課税対象外である。まさに坊主丸もうけだ。
 

お布施、戒名料、玉串料等の葬儀、法要等に伴う収入は、宗教活動に伴う実質的な喜捨金と認識されているものですから、課税の対象とはなりません。
お布施、戒名料、玉串料等|消費税目次一覧|国税庁



 ここで「全日本仏教会」のクレームを思い出してほしい。その主張は、「宗教行為をサービスとして商品にしている」というものだ。
 
 これに対し、朝日新聞では以下のように税制優遇の根拠が揺らぐことを懸念しているのではないかとしている。
 

仏教界が神経をとがらせるのは、宗教行為の「商品化」や「ビジネス化」が広がると、宗教法人へのさまざまな税制優遇の根拠が揺らぎかねないと懸念しているからだ。
お坊さんネット手配「中止を」 アマゾンに仏教会要請へ:朝日新聞デジタル

 
 
 これが本音なのだろう。
 
 宗教法人が課税を免れているのはあくまでもサービスではなく「宗教活動」だったからだ。Amazonも現在は「僧侶の手配を約束するチケット」という形で提供することで直接のサービスとはしていないが、今後「みんれび」を買収し、自らのサービスとして提供するなどサービス化が進む可能性もある。そうなると、自分たちも課税されることになりかねない。実際にサービスを提供している「みんれび」の所得は課税対象となっている。


現状では、宗教法人が得るお布施は喜捨(きしゃ、寄付)とみなされ、法人は消費税を払わなくていい。僧侶個人が得たお布施は所得税の課税対象になるが、法人に入った場合は法人税が非課税だ。「お坊さん便」では、手配サービスを手がける「みんれび」側の所得は課税対象だが、僧侶側が取り分を納税するかは、僧侶側に委ねているという。
お坊さんネット手配「中止を」 アマゾンに仏教会要請へ:朝日新聞デジタル



 
 ただ「全日本仏教会」が騒ぎ立てることで「お坊さん便」の認知度はかえって上がったことだろう。それにより、妥当な金額が知れ渡れば、これまでぼったくられていたことに気づく人たちも増えることだろう。
 
 「全日本仏教会」はAmazonと対話するとしているが、Amazon側にはぜひ折れずに本サービスを提供し続けてほしい。そして、「お坊さん便」がきっかけとなり、法外な金額を要求する生臭坊主たちが駆逐され、税制面で必要以上に優遇されている宗教法人にメスが入ることを期待してやまない。
 
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。