--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2015.10.29 07:00|カテゴリ:Security

知人からの「あなたをお友達だと [メールアドレス] が言っていますが、承認しますか」というメールに気をつけろ!


 今月に入り、「知人から送られてきた友達リクエストと思しきメールに承認したところ、Gmailの連絡先(コンタクト)に登録しているアドレス宛に自分の名義で同様の友達リクエストのメールがばらまかれた」という相談が増えていると、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が注意喚起しています。
 
 【注意喚起】SNSの友達リクエストを承認したら、連絡先情報を読み取られ、自分名義の招待メールが拡散!:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
 
 届くメールは以下の図のように、「あなたをお友達だと [メールアドレス] が言っていますが、承認しますか」というSubjectで、知人のメールアドレスから送られてくるとのこと。
 
000048498.jpg 
(画像出典:【注意喚起】SNSの友達リクエストを承認したら、連絡先情報を読み取られ、自分名義の招待メールが拡散!:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

 
 送信元が知人のメールアドレスであるため、「知人がまた新しいSNSをはじめて、誘ってきたのではないか」と誤解し、ついメール内の「承認する」ボタンをクリックしてしまう利用者が後をたたないようです。
 
000048499.jpg
(画像出典:【注意喚起】SNSの友達リクエストを承認したら、連絡先情報を読み取られ、自分名義の招待メールが拡散!:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構) 

 
 メール内の「承認する」ボタンをクリックすると、サービス連携の許可を求める画面が表示されるのですが、そのまま「許可」をクリックしてしまうと、海外SNSが被害者のGmailの連絡先(コンタクト)にアクセス可能となり、さらに招待メールがばらまかれることになります。
 
000048500.jpg
 
(画像出典:【注意喚起】SNSの友達リクエストを承認したら、連絡先情報を読み取られ、自分名義の招待メールが拡散!:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
 
 似たようなリクエストは正規のSNSでも利用されているため、知人からのメールであることもあって、中身を確認せずにリクエストの承認やサービス連携の許可をしてしまうのだと思います。その結果、当事者のGmailの連絡先に登録されているメールアドレスに同じスパムがばらまかれることになり、さらに被害が広がることになります。

 
 今月に入り被害が拡大傾向にあるようなので、同種のメールを受け取った場合は一度送信者に確認した方がよいでしょう。
 
 人間慣れてくると、よく考えずにボタンやリンクをクリックしてしまうようになりがちです。

 リクエストの承認やサービス連携の許可については、今回のように悪用されることがありますので、簡単には行わないよう日頃から気をつけるようにしましょう。

 
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。