reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

 ロシアのセキュリティ企業カスペルスキーCEO、ユージン・カスペルスキー氏がAppleのセキュリティ対策に対し、「Microsoftより10年遅れている」と指摘しました。


 ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labの創業者兼CEO、ユージン・カスペルスキー氏が英誌Computer Business Review(CBR)の独占インタビューに応え、「Appleはセキュリティに関してMicrosoftより10年遅れている」との見方を示した。
「Appleのセキュリティ対策はMicrosoftより10年遅れ」――KasperskyのCEO - ITmedia エンタープライズ



 ユージン・カスペルスキーといえば、自社製品のパッケージに自分の顔を使うことでも有名なので、見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?



 最新版ではなぜか背表紙に格下げ…。不評だったのかな?



 以前、以下のエントリで触れましたが、Apple社はイメージ戦略により、「Macはウイルスに感染しない」という刷り込みをユーザに対し行ってきました。ところが、昨今の「Flashback」による感染の拡大からもそうではないことは明らかです。
 
AppleはMacがウイルスに感染するということをそろそろ公式に認めるべきだ : I believe in technology
MacユーザはApple社のイメージ戦略により、「Macはウイルスに感染しない」と思い込まされてきました。代表的なのが以下のCMです。 ...



 カスペルスキー氏はMacを狙ったマルウェアの増加を「時間と市場シェアの問題だ」と述べています。


 Macを狙ったマルウェアの増加は「時間と市場シェアの問題だ」と述べ、「Microsoftが10年以上前からいる世界にAppleは足を踏み入れた。(Macを狙うマルウェアは)今後もっともっと増えるだろう。サイバー犯罪者は成功から学ぶ。そして今回が初めての成功事例だった」と語った。
「Appleのセキュリティ対策はMicrosoftより10年遅れ」――KasperskyのCEO - ITmedia エンタープライズ



 先の私のエントリでもほぼ同じことを述べています。
 

 言うまでもなく、このCM当時のOSシェアはWindowsが圧倒的でした。そのため、攻撃者は単純に利用者が多いOSを狙ったにすぎません。わざわざシェアが低いOS用にウイルスを作っても、大してメリットはありませんからね。 
 
 しかし、ここ数年、Mac OS Xのシェアは拡大傾向にあります。それにより、ウイルス作成者もMac OS Xをターゲットにしたウイルスを作成するメリットが出てきたわけです。おそらく、今後はさらにウイルスが増えていくことが予想できます。
AppleはMacがウイルスに感染するということをそろそろ公式に認めるべきだ : I believe in technology

  
 
 このように、これまでMacを狙ったマルウェアがあまり多くなかったのは、市場シェアが少なく、攻撃者にとってメリットが少なかったからにすぎません。

 シェアの拡大とともに、狙われるようになるのは必然と言ってもいいでしょう。


 また、最近は以下のようなWindows/Macの両方に感染するマルウェアも登場しています。


 Mac OS Xをターゲットに拡散するマルウェア「Flashback」が猛威を振るっていることが話題になる一方、Mac OS Xをターゲットにする別の脅威の可能性も指摘されている。この新たなマルウェアはWindowsとMacの両方をターゲットにすることが可能なもので、こういったマルウェアが増えれば「Macは安全」という従来の概念は覆ることになるかもしれない。
Win/Mac同時攻撃可能なマルウェア登場 - 「Macは安全」とはもう言えない!? | パソコン | マイナビニュース



 先の私のエントリ内でミスリードと指摘した「Windowsを狙うウイルスはMacには効かない」すら、もはや通用しなくなってきましたね。



Macは、Windowsパソコンを狙った数多くのウイルスに感染しません。特別な操作をしなくても、OS Xに組み込まれたセキュリティ機能が、いつでもしっかり守っているからです。
アップル - Macが好きになる理由 – 優れたオペレーティングシステムを搭載しています。



 書いてあることは、間違ってはいないですね。そもそも、ウイルスなんてものは、一部のマルチプラットフォーム向けウイルスを除けば、対象となるプラットフォームに合わせて作ります。そのため、Windows用に作られたウイルスがMacで動かないのは当たり前です。

 でも、これって明らかにミスリードを狙った文章ですよね?

 今回の一連の感染のように、Macを狙って作られたウイルスはちゃーんと感染します。




 果して、いつまでApple社はこれまでの姿勢を貫くのか?

 信者はそれでもついていくのかもしれませんが、そろそろ私のような一般ユーザのことも考えてほしいものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。