reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

 ランキングでは常に下位、各種レビューサイトでも取り上げられたことがない、そんなアプリにも素晴らしいアプリはあるものです。

 今回紹介する【マイナーだけど神アプリ】は無料のユーティリティアプリです。同カテゴリでランキング200位にも入っていませんし、レビューサイト等でも見かけないアプリですが、とっても便利で使いやすいんです。特に自宅でPCやiPhoneなどをネットワークで繋いでいる方は必須のアプリですよ。ぜひ、ご一読下さい。

Collaborn
 


 みなさんのお宅ではどんな機器がインターネットにつながっていますか?
 
 PCやMacはもちろん、iPhoneなどのスマートフォンやハードディスクレコーダなどの家電。最近ではいろんな機器がインターネットにつながります。
 
 といっても、1台づつインターネットにつなぐのではなく、通常は、ブロードバンドルータと呼ばれる機器が自宅に1台あり、それを介してインターネットにつながっているというのがほとんどだと思います。
 

Logitec IEEE802.11n/g/b準拠 300Mbps 無線ブロードバンドルータ 4ポートHUB付 超小型(ブラック) LAN-W300N/PR5BA [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]Logitec IEEE802.11n/g/b準拠 300Mbps 無線ブロードバンドルータ 4ポートHUB付 超小型(ブラック) LAN-W300N/PR5BA [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
(2011/05/18)
ロジテック

商品詳細を見る

 我が家では、有線/無線LAN対応のブロードバンドルータを使っており、最大12台もの機器(Mac1台、PC3台、iPhone3台、iPad1台、Android1台、ネットワークプリンタ1台、ハードディスクレコーダー2台)がつながっています。

 ところが、たまーになんらかの問題でその内の1台が「急に繋がらなくなったぁ」なんてことがあります。

 そんな時、とっても便利なのが『Fing - Network Scanner』です。

 
Fing - Network Scanner 1.5(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Overlook Soft - Nives Vanzo(サイズ: 1.8 MB)



 『Fing - Network Scanner』は、その名前にある通り、ネットワークスキャナと呼ばれるアプリ。iPhoneと同じネットワークにいる機器の死活監視が可能です。
 
 ネットワーク?
 スキャナ?
 死活監視?
 
 何それ、怖いっ。
 
 いえいえ、そんなことありません。簡単にいうと、家にある機器がちゃんとつながっているかどうか調べることができるアプリなんです。(iPhoneがブロードバンドルータにつながっている必要があります)
 
 しかも誰でも簡単に使えます。インストールしたらタップして起動するだけ。後は自動的に今iPhoneがつながっているネットワーク内を探索(これをスキャンと言います)し、一覧を作成してくれます。
 
 アイコンに「You」と表示されているのが『Fing - Network Scanner』を実行したiPhoneです。それ以外に見つかったのが同じネットワーク内に存在する機器たち。それぞれの機器のIPアドレス(住所みたいなもの)とMACアドレス(製品出荷時に刻印されている番号)も自動的に調べて表示してくれます。

fn01.jpg


 ある程度、ネットワークに詳しい方なら、このリストの使い道はおわかりだと思います。IPアドレスやMACアドレスはネットワークで問題が発生した際に最低限必要な情報となります。
 
 もちろん、PCやMACがあればこの手のリストは作れます。しかし、その場合、ソフトウェアは別途必要となりますし、ソフトウェアやOSの設定が必要です。これらはある程度ネットワークの知識がないと難しいと思います。

 でも、iPhoneさえあれば。

 AppStoreで『Fing - Network Scanner』探し、インストールして起動するだけでリストが作れます。めっちゃ簡単です。
 
 見つかった機器のうち、PCやMACなら自動的にコンピュータ名も表示してくれます。また、名前が表示されない機器に対しては、タップして自分で名前をつけることもできます。
 

fn02-1.jpg


fn03.jpg

 
 こうして作成したネットワークのリストは、「◯◯がつながらないなぁ」なんて時に役に立ちます。
 
 機器同士がつながらないなどの問題が発生したら、『Fing - Network Scanner』を起動し、右上の矢印アイコンをタップします。 
 
 すると、再スキャンが行われリストを更新、以前つながっていたのに今つながっていない機器は文字が薄いグレーになります。
 
fn10.jpg

 
 この例ではプリンタがつながっていないことがわかります。ひょっとしたら、プリンタのネットワークケーブルが外れているなんていう単純な理由かもしれません。
 
 ネットワークにおけるトラブルは、問題の切り分けが重要なんです。どこで問題が発生しているのか。それを突き止めるのにこのアプリは最適です。


 それからもうひとつ。もし、リストに見知らぬ機器が現れたら……。
 
 それは不正アクセスかもしれません。
 
 実は以前、知人の家で実行した時に1台多くリストに表示されたことがありました。どうやら、無線LANにタダ乗りされていたようです。無線LANルータ側の設定が甘かったためですが、場合によってはネットワークを流れるデータを盗聴されていた可能性すらあります。
 
 不安な方は時々実行してみて、見知らぬ機器がつながっていないかどうか調べて見るといいでしょう。特にマンションなどの集合住宅で無線LANをお使いの場合には、ためしてみるといいでしょう。隣の人がこっそりつないでいたなんてことがあるかもしれませんよ。
 
 他にも、検出した機器ごとにポートスキャンすることもできます。初心者からお詳しい方まで幅広く使えるアプリです。
 
fn13.jpg

fn20a.jpg

fn21.jpg


 私はIT系の仕事をしていますが、ちょっとしたネットワークの確認なら十分こなせます。Collaborn
Posted by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。