--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2015.08.30 07:00|カテゴリ:iPhone

「iSight カメラ交換プログラム」対象だったので Apple Store に持ち込んだらiPhoneごと交換になったでござる


 先日本ブログにも書きましたが、使用している iPone 6 Plus が「iSight カメラ交換プログラム」の対象だったので、さっそくApple Store に持ち込みました。

iPhone 6 Plus ユーザは確認を! 写真がぼやける場合は「iSight カメラ交換プログラム」の対象かも|I believe in technology
iPhone 6 Plus において、iSight カメラのコンポーネントの一部が故障し、撮影した写真がぼやけて見える場合があることが判明したそうです。


 Apple Store は雨にも関わらず、相変わらず混み合っていましたが、事前に Genius Bar に予約を入れていたため、数分待つ程度ですぐに案内となりました。

appleStore.jpg

 
 まずは、シリアル番号をチェックしてもらい対象の機種であることを確認していただきます。これは事前に確認済みだったのでもちろん対象です。
 
 次に、カメラがぼやけるかどうかの確認。私の場合は、近接撮影(マクロというほどではない)時にピントが合いづらかったのですが、その場でも時々合いづらいことを確認いただき、カメラ交換することになりました。
 
 カメラ交換に要する時間は約1時間とのこと。
 
 「長いなぁ」と思いながらもそのまま使い続けるのは嫌だったので交換をお願いしました。
 
 そして、カメラ交換前に本体の診断を実施したところ……
 
 なんと、他にも不具合が。
 
 
 まだ保証期間中だったこともあり、結局、本体ごと交換することになりました。
 
 カメラ交換だと1時間程度かかるはずだったのですが、本体交換なのでわずか10分程度で交換完了です。
 
 万が一に備え、家を出る時にバックアップを取っておいて正解でした。
 
 それにしても、「iSight カメラ交換プログラム」の対象でなければ、他の不具合に気づくことなく、保証期間が過ぎてしまうところでした。
 
 たまに異常な発熱を感じるなどしていたので、今回の本体交換でそれが改善されればいいのですが。

 来月には、iPhone 6s が発売されます。そうなると、Apple Store は今以上に混みあうことになるので、iPhone 6 Plus をお使いの方は、「iSight カメラ交換プログラム」の対象かどうかを確認し、もし対象だったら早めに持ち込みましょう。特に昨年発売直後に iPhone 6 Plus を購入した方は1年間の保証期間がそろそろ切れる頃なので、お早めに。

 
 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。