reynotch

reynotch

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

reynotch

reynotch

-
 昨日、Mac OS X Yosemite の最新バージョン 10.5.5 が公開されました。

OS X Yosemite ユーザは適用必須! DYLD_PRINT_TO_FILE の権限昇格脆弱性対応のOS X 10.5.5 公開|I believe in technology
本日は、iOS 8.1.4以外にもOS X 10.5.5も出ていますが、こちらもiOS 8.1.4 に負けず劣らず大量のセキュリティアップデートが含まれています。


 "DYLD_PRINT_TO_FILE" に存在する権限昇格の脆弱性の修正など、セキュリティアップデートを多く含むためアップデートをしたのですが、ちらほら不具合を確認しています。

 その一つがBluetoothの不具合。アップデート直後は問題なく使えていたものの、スリープから復帰後、Bluetoothマウスを検出できなくなりました。
 
 メニューバーに表示されるBluetoothのアイコンをクリックし、デバイスを再検出させようとしてもまったく見つけてくれません。
 
 10.10.4では安定していたものの、YosemiteではBluetooth周りに不具合が多く、「またか」という感じです。
 
 さっそくネット上で同様の不具合報告が出ていないかどうか確認してみたところ、やはりありました。
 

Top bar has the bluetooth icon with "Bluetooth: Not Available" And under System Preferences bluetooth category has disappeared.
10.10.5 update stopped my bluetooth from turnin... | Apple Support Communities



 この中に、「PRAMリセット」で改善したという報告があったので早速試してみました。
  
 「PRAM」リセットの方法は、以下。
 
1.Mac をシステム終了します。
2.Mac の電源を入れます。
3.Option + Command + P + R キーをすぐに押したままにします。
 Mac が再起動し、起動音が 2 回鳴るまでこれらのキーを押したままにします。

 これで「PRAM」がデフォルトにリセットされます。
 
 私の場合はこれで無事復帰しました。
 
 ただ、アップデート後、他にも以下のような不具合を見つけています。なお、私のMacは 13-inch,Mid 2012(Core i5 2.5GHz、メモリ8GB、SSD換装済み)です。
 
 ・一部アプリケーションがタスク切り替え時アイコン表示されない(CotEditorなど)
  →不思議なことにミッションコントロールには表示されます
 ・虹色グルグルが頻繁に発生するなど全体的に動作がもっさり
  →文字入力時やブラウザのタブ切り替え時に頻繁に発生。いらいらします。

 脆弱性修正が含まれるため、アップデートそのものは必要だと考えますが、ストレスは溜まりまくりです。
 
 アップデート前までは、SSDに換装していることもありパフォーマンス的なストレスはいっさいなかったのですが、虹色グルグルの頻発に苛つくこと苛つくこと。この文章を書いている際も、何度も出ては入力を待たされました。
 
 Yosemiteにアップデートがくるか、OS X 10.11 El Capitan のリリースされるかするまでは、このもっさりに付き合わなければならないのかと考えると、ブルーになりますね。
 
 アップデートされた皆さんで同じような現象は出ていませんか?
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。