2015.08.14 12:00|カテゴリ:Security

iOS 8.4.1リリースの目的は脱獄対策か? #JailBreak


 すでにさまざまなメディアが伝えているとおり、iOSの最新バージョン 8.4.1 が提供されています。




 このアップデートは、表面的には「Apple Music」の機能改善とバグ修正が中心のように見えます。しかし、公開された同バージョンのセキュリティコンテンツの内容を見てみるとおもしろいことがわかります。


About the security content of iOS 8.4.1 - Apple サポート


 なんと、セキュリティコンテンツ中、7つ(脆弱性としては8つ)に「TaiG Jailbreak Team」の名前がクレジットされています。

taig.png

 つまり、「TaiG Jailbreak Team」が発見し、Jailbreak(脱獄)に使用している脆弱性の修正が含まれています。
 
 iOS 9リリース直前というタイミングから考えると、このリリースがiOS 8の最後のバージョン(今後重大な脆弱性が発見されなければ)となる可能性は高いです。アップルとしても、iOS 9リリース前にiOS 8で有効な脱獄の穴をふさぐ必要があったのだと類推します。

 ということで適用しないことを推奨はしませんが、脱獄目的の方はアップデートすると現時点では脱獄が不可能となるようですので、ご留意を。


 

検索フォーム
スポンサードリンク
はてブ人気記事
スポンサードリンク
Twitter
スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめApp
スポンサードリンク
プロフィール

reynotch

Author:reynotch
Twitter:@reynotch
Facebook
Google


セキュリティネタやiPhone、iPad、Android関連の記事を中心に気になったことを書いています。
IT系のネタはあまり難しくならないように、わかりやすい言葉で書きたいと考えています。